キスやハゼはアオイソメやマムシといった虫エサで狙うことが多いです。

キスやハゼを釣りたくても虫エサは苦手という方は多いですよね。

虫エサの方が効果的ではありますが、苦手な虫エサを無理に触ると楽しい気持ちも半減しますよね。

今回はワームでキスやハゼが釣れるのかご紹介していきます!

虫エサが苦手な人はワームを使ってみよう!

虫エサはうねうねと動いたり噛んできたりと慣れないと気持ち悪いですよね。

その点ワームは手は汚れませんし、色々な種類やカラーがあるので選ぶのが楽しいです。

ワームにはただ巻きやフォール、ダートなど様々なものに特化したものがあります。

どんな釣りをやるのかでワームを使い分けてみましょう!

ワームでもキスやハゼは釣れる?

ワームを使ってもキスやハゼは問題なく釣れます。

特にキスは投げ釣りで狙うことが多いですが、投げ釣り仕掛けにパワーイソメというワームをつけて釣る方も多くいます。

ワームでは釣れないのでは?と疑問に思う方もいると思いますが、ワームでもきちんと釣ることが出来るので安心してくださいね!

カラーローテーションをすると好釣果に結び付くこともあるので、色々なカラーを揃えておくと便利です。

夜光タイプのワームを持っておくと、日が昇る前の時間や夜間に魚にアピールしてくれるので1つ持っておくことをおすすめします。

ワームでの釣り方を紹介

ワームでキスやハゼを釣るにはワームに命を吹き込んであげることが大切です。

ただワームを放置するだけでは釣ることは難しいです。

ワームをアクションさせることは難しいことではないので初心者の方もぜひ挑戦してみてくださいね!

1)ジグヘッドを使ってライトゲーム!

ワームを使う釣りにジグヘッドは相性抜群です。ジグヘッドをキャストして狙うなら底をしっかりととってゆっくり引いてみましょう。

あまり早く巻くと浮き上がってきてしまうのでゆっくり巻くことを意識することが大切です。

水深が深い場所ではなかなか底がとれないので深すぎない場所でやると釣果に期待が持てます。

堤防などの際に落として、ちょんちょんと竿先をしゃくってゆっくりフォールさせるとハゼもよく釣れます。

この釣り方はハゼだけでなくガシラやメバルなども釣ることができるので、何が釣れるかはわからない楽しさがあります。

朝まずめではアジやサバなども釣ることができるので、底だけでなく、表層や中層を狙ってみるのもおもしろいのでおすすめです。

2)胴突仕掛けでちょい投げ!

投げ釣り感覚で出来るのが、胴突仕掛けでのちょい投げです。

胴突仕掛けは針が2つから3つ付いているので、その針にワームを刺します。

あとはキャストして底をずる引いてくるとキスやハゼを狙うことが出来ます。

ガシラやカレイ、チヌなども狙うことができるので不意の大物にも対応できるようにタモは用意しておきましょう。

針が多く根掛かりしやすいので、仕掛けは少し多めに持っておくと安心して釣りが楽しめます。

3)ブラクリ仕掛けで足元を探ろう!

ブラクリは堤防の際やテトラの穴などで使うと効果的なアイテムです。

投げて使用しても釣ることはできますがおすすめは堤防の際、テトラの穴狙いです。

錘と針がくっついた形状なので、初心者の方はブラクリから始めると快適に釣りを楽しむことが出来るのでおすすめです!

底まで仕掛けを落とし、ちょんちょんとワームを動かしてあげると魚にアピールすることが出来るので、どんな動きをしているのかイメージしながらアクションさせましょう。

おすすめのワーム3選を紹介!

 

ワームはかなりの種類があり、どれを選んだらいいか分からないことになりかねません。

そこで、おすすめのワームを3つ厳選しましたのでぜひ使ってみてください!

(1)パワーイソメ

もはやエサといっても過言ではないパワーイソメ。

見た目がアオイソメに非常に似ており、ブルーベリーの香りで手が良い匂いになるワームです。

基本的にはパワーイソメをつけておけば、ほとんどの魚は釣れてしまう驚異のワームです。

ワームのアクションに自信がない、やり方がよくわからないという方はパワーイソメから使うことをおすすめします。

胴突仕掛けやブラクリと相性が良いので、エサ釣り感覚で出来るのもパワーイソメの魅力の一つです。

放っておいても釣れることがあるので、最も初心者向けのワームと言えます。

(2)マナティー38

ワインド釣法といえばマナティーは外せないワームです。

ダートタイプのジグヘッドにマナティーを付けて際を狙ったり、テトラの穴を狙うとハゼだけでなく色々な魚が狙えます。

足元に回遊してきたアジやサバもダートの動きが大好きなのでよく釣れるおもしろい釣法です。

もちろんキャストして底をダートで狙うことも出来るので、狙える範囲が広いのも嬉しいですね。

(3)パラワーム カーリーテール 2インチ

パラワームシリーズは非常にコスパが良く、性能も良いので人気のあるワームです。

その中でもカーリーテールタイプのワームをおすすめします。

カーリーテールはただ巻きでしっかりとアクションしてくれるだけでなく、フォール中でもしっかりとアクションします。

胴突仕掛けやジグヘッドを底まで落としたらあとはただ巻きをするだけで釣ることが出来ます。

パラワームはコスパが良いので、根掛かりを恐れずにがんがん攻めることが出来るのが嬉しいポイントです。

コスパを重視する方はパラワームを使用してみてはいかがでしょうか。

ワームと虫エサはどっちが釣れるの!?

 

生き餌である虫エサと人工的なワームとでは、虫エサに軍配が上がってしまいます。

しかし、虫エサに反応がない時にワームのアクションに食いついてきたということもあります。

釣りに絶対これでないとだめということはありません。

ワームはアクションをしっかりさせると虫エサに迫る勢いで釣ることも出来ますので、ワームで魚を狙ってみましょう!

ワームを使って魚をたくさん釣ろう!

出典:ダイワ

ワームはアジや根魚など、色々な魚を狙うことが出来ます。

虫エサのようにエサだけとられるということがないので、手返しの良さもワームの魅力です。

特に時合が訪れたときはエサ釣りの方よりも多く釣れることがあるので、安心してワームを使ってくださいね。

色々な魚を狙うことが出来るワームで、魚をたくさん釣って楽しんでください!

おすすめの記事