夏場になると灼熱の昼間の釣りを避け夜釣りをする釣り人も多いと思います。

夜釣りではファミリーフィッシングの家族連れなども少なく、ゆっくりと釣りに集中出来ます。

また、昼間以上に大物に出会えたり、釣果に恵まれることも度々ある魅力たっぷりの夜釣り。

そんな夜釣りの必需品のヘッドライトですが、価格や性能などは様々です。

オールナイトの通し釣りから、夕方から夜半までの半夜釣り、夜明け前から朝まづめなどのシーンで活躍してくれます。

夜釣りにはなくてはならないヘッドライトですが、使い方を間違えると釣果に悪影響を及ぼすだけでなく、トラブルの原因にもなります。

今回はシーン別の使い方やヘッドライトの特徴や性能について解説していきます。

何回となく夜釣りを経験されているベテランさんも、これから夜釣りを始めようと考えているビギナーの方も是非参考にしてください。

夜釣りでヘッドライトはこんな時に使う

⑴移動や釣り場を照らす

ヘッドライトの利点はなんと言っても両手が自由に使えることです。

暗くなってからの釣行の際、釣り場への行き帰りや場所移動の時など両手に釣り道具を持っての移動に活躍します。

波止の上を歩く時、昼間なら何てことはない段差や船を繋ぐ金具やロープなども暗闇の中では躓いて転倒の原因になります。

また他の釣り人の竿や釣り道具が置かれている場合もあるので足元には注意が必要です。

釣り座を決める際も荷物置き場や自分の釣り座の足元が濡れていないかの確認や、他の人が残していったエサの残骸などの上に知らずに荷物を置いてしまうというような事も避けられます。

こういったケースでは広角モードの設定があるヘッドライトがあれば広い範囲を照らせるので便利です。

⑵仕掛け作りやエサ付け

夜釣りの時にヘッドライトが1番活躍するのが手元を照らす時です。

道具箱から必要なパーツを探したり、仕掛け作りやエサ付けなど通常よく行なうルーティンだけでなく、穂先にラインが絡まった時や、釣り針がどこかに引っかかった時の確認など、ヘッドライトの有る無しで手返しにも大きく影響します。

やはり夜と言えども時合には手返し良く釣ることが大切で、後々の釣果にも大きく影響します。

⑶釣った魚は確認出来るまで触らない

ルアー釣りでもエサ釣りでも、夜釣りでは魚種が確認出来るまでは無闇に素手で魚を触らないようにしましょう。

ゴンズイやオコゼなどヒレに毒がある魚や、小型のサメやウツボなど噛みつかれる恐れのある魚も釣れます。

特に海面から魚を抜き上げる際は、自分の身体から少し離れた右側か左側に魚を置くような感じで抜き上げましょう。

左右がそんなに広くない場合や他の釣り人がいる場合は、抜き上げる際は直接魚を触らず、魚が付いている上のハリスを持ってからヘッドライトを点灯して魚種を確認しましょう。

⑷ポイントを照らして海中を確認

夜釣りの際はライト類で海面を照らすのは良くないと言われています。

常夜灯のような常に一定の明るさで照らされている場合と違って、点いたり消えたりする光や、移動する光によって魚に警戒心を与えると言われています。

特にヘチ釣りや電気ウキなどで竿下を静かに釣るような釣りの時はライトの扱いは慎重にする必要があります。

仕掛けの交換やエサ付けなども面倒くさがらずに海に背を向けて、ヘッドライトの光が海面に当たらないようにしましょう。

ただし、ルアー釣りや投げ釣り(ぶっ込み釣り)などのようにある程度遠投して釣る場合はそんなに神経質になる必要はありません。

ただそんな時でもライトを使用する際は周囲の釣り人への配慮を心掛けましょう。

ルアー釣りなどの際はライトで海面を照らして、バチやベイトの状況を確認したり、海水の濁り具合や波の状況などを見ることがあります。

その場合は足元や手元を照らす時よりも強力な光量のヘッドライトが必要になります。

ヘッドライトのスペックについて

⑴夜釣りで必要な明るさはどれくらい?

ヘッドライトの明るさはルーメン(lm)という単位で表されています。

白熱灯や蛍光灯が主流の頃は明るさの単位はワット(w)で表されていましたが、そもそもワットは明るさの単位ではなく消費電力を表す単位です。

白熱灯では消費電力量と明るさが比例していたのでワット表示でも明るさの目安にはなっていました。

省エネタイプの蛍光灯が出てきた頃から、消費電力量と明るさが必ずしも比例しなくなり、現在のLED照明では新しくルーメンという単位で表示されるようになりました。

因みに部屋の照明で例えれば、6畳の広さの部屋なら推奨される明るさは2700lm〜3700lmといわれており、これをワット数で表すと180w〜240wになります。

では、夜釣りの際はどれくらいの光量が必要なのでしょうか?

駐車場から釣り場までが平坦で近かったり、明るいうちから釣り場に到着していたりなどで、ヘッドライトを使うのが仕掛け交換やエサ付けだけで済むような場合は100lmもあれば充分対応出来ますので、最低100lmを基準に選べば良いでしょう。

釣り場まで暗闇の中の移動距離が長い場合や、足元が不安定な岩場や野池や湖などで夜釣りをする場合は300lm〜600lmの明るさは欲しいところです。

最低300lmを基準に選びましょう。

ルアーのナイトゲームなどで海面を照らしてバチやベイトの具合などを確認したいような場合は1000lm以上は必要で、明るければ明るい程確認はしやすくなります。

ただし夜釣りの時にライトで海面を照らすのは基本的にタブーです。

周囲に電気ウキ釣りなどで釣りをしてる先客がいる場合などは配慮してください。

⑵重さはどれくらいが良いの?

ヘッドライトは釣りをしている間は頭に付けっぱなしにしているので、軽ければ軽いほど負担は少なくなります。

200g未満であれば負担も少なく、付けてることも忘れるくらいです。

筆者は夜明け前からの釣りで、夜間からヘッドライトを装着してるのを忘れてて、昼前まで頭に付けたまま気づかなかったこともあります。

ただヘッドライトの明るさと重さは比例します。

3000lmを超えるような強力なヘッドライトは重量もかなり重くなります。

重さが200g〜300gと重くなる場合は縦ベルトが付いてる物を選ぶと頭への負担が軽減されます。

⑶首かけタイプも人気

最近は頭に装着するタイプ以外にも首から掛けるタイプのライトも発売されています。

ヘッドライトとは呼ばずネックライトやチェストライトと呼ばれています。

頭にゴムを締め付けるのがどうしても不快に感じるような方にはおすすめです。

今までは首掛けタイプというと夜のランニング用の物を流用するしかなかったのですが、釣り専用に設計された首掛けタイプのライトも発売されています。

首に掛けてもブラブラせず照明がブレにくい。

散光モードや集光モード、赤色LEDも搭載されていて、流石釣り専用に開発されただけのことはあります。

⑷赤色光は魚を散らさない?

最近は赤色の光は魚には見えづらく、赤い光で水中を照らしても魚に余計なプレッシャーは与えないと言われています。

人間の目で見える光は可視光線といっておよそ400nm(ナノメートル)から700nmの波長範囲の光です。

その中でも赤色は700nm付近の波長の光で、人間が感じる光の中では最も波長が長くなります。

詳しいことは魚に聞いてみないと分かりませんが、白色の光に比べると波長が長い赤色の光は水中を通しにくく、深い水中では黒っぽく見えて魚も見えづらいと思われます。

深海魚や海中の岩穴などを棲み家にする中小型の魚に赤い色が多いのも、海中で自らの姿を見えづらくして外敵から身を守る為なのかも知れません。

そういったこともあり赤色のライトは魚にプレッシャーを与えないという事に関しては一定の効果はありそうですが、残念ながら現在はまだ200lmとか300lmとかいった光量の赤色の光を出すヘッドライトは見当たりません。

通常のヘッドライトで赤色への切り替えがあるものはありますが、堤防や磯の上から海面を照らしてバチやベイトの様子を観察したり、取り込みの際に玉網に誘導するのに充分な明るさは期待出来ません。

ウエーディングでの釣りの際のルアー交換に使える程度かもしれませんが、白色の明るい光が気になってしまう方にはおすすめです。

おすすめヘッドライト12選

⑴とにかく明るさ優先で不安なく夜釣りをしたい

人間誰しも暗いところは不安なものです。がっつり夜釣りのヘビーユーザー向け。

とにかくヘッドライトを使用する際は明るさ最優先でストレスなく夜釣りをしたいという方におすすめ、5000ルーメン以上の大光量のヘッドライトのおすすめはこちらの3点です。

⑵バランス重視で色んなシーンで使いたい

オールナイトの通し釣りから半夜釣りまで色々なシーンで使いたい。

明るさは最低でも1000ルーメン以上は欲しい。出来ればなるべく軽いほうがいい。

光量調節、防水or防滴、角度調節など少しでも多くの機能が付いていて価格もそんなに高くないものがいい!という欲張りな貴方にはこちらの5点がおすすめです。

⑶軽さ最優先で長時間装着でもストレスなし

仕掛け作りやエサ付けなどの軽作業中心で使いたい。

夜明け前からので短時間使用や、夕まづめから暗くなるまでの短時間使用なので荷物にもならない軽量タイプがいい。

締め付けられるのが嫌なので少しでも頭に負担がかからないものがいい。

という貴方にはこちらの2点がおすすめ。

⑷首に掛けるタイプを使ってみたい。

頭に付けるタイプのヘッドライトは種類も豊富で、高性能な高級品から性能そこそこの低価格品まで幅広く販売されていますが、いくら高級品でも頭に装着時の多少の蒸れ感は避けられません。

筆者も何度かヘッドライトを装着してるのを忘れて、頭がかゆくなってキャップを脱いだらヘッドライトが落っこちたことがあります。
そういったストレスから解放してくれる首掛けタイプのライトはこちら2点がおすすめです。

まとめ

夜釣りはラインの弛み具合や潮の変化、水中の様子などが昼間と違い分かりづらくなります。

見えづらい反面、経験を積む事によって竿に伝わる感触やちょっとした変化を感じる感覚が研ぎ澄まされてきますので、貴方の釣りのスキルアップに必ず繋がるはずです。

夜釣りの強い味方のヘッドライトを使いこなして是非、安全快適なナイトフィッシングを楽しんでください。

それでは、Enjoy your fishing life!

おすすめの記事