釣りをしているとたびたび食いついてくるのがボラ。一瞬大物がかかったのかと釣り人を嬉しい気分にさせて、残念な気分にさせる有名な外道ですよね。ほとんどの方はリリースしてしまうかと思いますが、実はボラは美味しい魚なんです!

今回はそんなボラを釣る方法や、どこで釣るのが良いのか、どの季節に釣るのが良いのかについてもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

もう外道とは言わせない!実は美味しいボラ!

ボラはタイよりも美味しい魚とも言われ、その身はまさにタイそのもの。見た目はあまり美味しそうな魚ではありませんが、見かけで判断してはいけない良い例ですね。

ボラの美味しさからボラを専門的に狙う釣り人もいるほどで、外道としか思っていなかった方には驚きの一言。そんなボラをぜひ狙ってみましょう!

ボラを狙って釣るなら何がおすすめ?

ボラは比較的簡単に釣れる魚。ルアーはもちろんエサを使った釣りでも釣ることができます。いろんな狙い方がありますが簡単に狙える方法を3つご紹介します!

どれも簡単なのでぜひ試してみてくださいね!

1)ウルトラライトショアジギング

出典:ヤフーショッピング

ウルトラライトショアジギングは5g前後のメタルジグを使用する釣りで、ハードなショアジギングではなくとても気軽に楽しむことが出来ます。

メタルジグをボトムに着底させたら、ワンピッチジャークを繰り返すだけでも狙えますがリフトアンドフォールも効果的です。

最初はかかったのか分かりにくいかもしれませんが、ずっしりとした重みが乗っていれば高確率でボラが食いついているでしょう。細糸なのでスリリングな釣りを味わえるのでおすすめです。

不意に走ることもあるので、ドラグは少し緩めにしておくとラインブレイクを防ぐことが出来ますので意識しておきましょう!

メジャークラフト ジグパラマイクロSLIM7g

2)フカセ釣り

出典:ヤフーショッピング

コマセを撒いて魚を寄せるフカセ釣りは、グレや小型回遊魚だけでなくボラも寄せることが出来ます。食い気のあるボラであればすぐに食いついてくるので、苦労することなく釣り上げることが出来るでしょう。

タナは2ヒロほどから始め、あたりがないようであれば下げていくようにすればきちんと探ることが出来ます。意外とパワーを持っているボラなので、竿をのされても立て直せるようにレバーブレーキのついたリールを使用することをおすすめします!

デュエル TGピースマスター 遠投 L 1.0 シャイニングオレンジ

3)サビキ釣り

出典:ヤフーショッピング

 最も簡単に釣りたいのであればサビキ釣りは外せません。堤防でサビキ釣りをしているファミリーがボラをかけるシーンをよく見かけるほど、アミエビが大好きなボラ。

サビキ釣りで釣る場合、ハリスが細いことがほとんどなので無理なやり取りは禁物です。落ち着いてゆっくり浮かせてから空気を吸わせ、おとなしくなったところをタモですくいましょう!

針の太さは豆アジを狙うようなものでは強度が心配なので、最低でも6号ほどあれば安心です。気軽にボラを狙ってみたい方はぜひサビキ釣りをしてみましょう!

マルシン漁具 アジサビキ ピンク

どこにいるボラが美味しいの?

ボラはいろんなところに生息している魚ですが、どんなところのボラでも美味しい訳ではありません。海水が濁っている汚い海では、ボラは高確率でまずいことが多いです。

泥ごとエサを食べていることが多いので、非常に泥臭く感じてしまうこともしばしば。海水のきれいなフィールドかつ、沖の方にいるボラの方が臭みが少ないのでそういった場所で狙ってみましょう!

沖一文字で狙うと水もきれいになり、ボラはよく釣れる傾向がありますので一度行ってみることをおすすめします!

どの季節のボラが美味しいの?

ボラを食べるなら夏場のものは避けておいた方が賢明です。夏場のボラはタモですくうと、タモが強烈に臭くなるほどなので食べようなんて気にはならないでしょう。

ボラを食すのであれば冬が間違いなく一番です。冬のボラは寒ボラとも呼ばれ、夏のボラと比べると臭いに天と地の差があります。

沖の方に生息している寒ボラは泥臭さが抜けて、タイにも勝る美味しさを持つ魚へと進化します。12月頃からボラは美味しくなりますので、ぜひ狙ってみましょう!

寒ボラは夏のころに比べて引きがかなり強いので、油断しているとあっという間にばらしてしまいます。ボラといえど、慎重にやり取りして美味しい冬の味わいをぜひゲットしてくださいね!

ボラの美味しさは釣った人にしか分からない!

ほとんどの釣り人が嫌うであろうボラは、美味しい魚である事実を知らない方が多いですよね。筆者もその一人でしたが、ベテランの釣り師に教えてもらい刺身で食べてみたところ、マダイ並の美味しさで驚いたことがあります。

ボラの鱗や頭の部分はとても硬いので捌くのには一苦労でしたが、それに見合うものを寒ボラは持っています!これから冬にかけて釣りをされる方は寒ボラのことを意識しつつ釣りをしていただけると幸いです。

マダイは初心者の方には少し難しい魚かもしれませんが、ボラは簡単に狙えることが大きな魅力。手軽に狙えて強い引きを味わえ、美味しさ抜群のボラはもう外道とは呼べないですね。

スーパーなどでもボラは並ぶことがほとんどないので、釣った人にしか分からない美味しさをぜひ味わってみてください!

ボラは硬い部分が多いので、捌く際は十分に気を付けてくださいね!

おすすめの記事