あなたは釣りに行かれる際に、潮を意識したことはありますでしょうか?潮の流れが早かったり遅かったりするだけじゃないの?と思われるかもしれませんが、潮を意識することは非常に重要になります。

昨日は爆釣だったのに今日はさっぱりなんて経験をされた方は数多くいると思います。いい場所だから釣れるだろうということはなく、潮の流れが良かった日に釣果が良い傾向にあります。

今回は潮の流れを読むための潮見表や、タイドグラフについてご紹介していきます!また、潮見表やタイドグラフをお手軽にチェックできるアプリも合わせてご紹介しますので、ぜひ見ていってくださいね!

潮見表の見方が分かれば釣果も上がる!

潮見表とは、簡単に言えば何月何日の潮は〇潮というように記載されたもの。この潮見表を駆使することで、魚の活性が高い日を狙いやすくなり釣果アップに繋がります。

潮の種類や特徴、どのタイミングで釣ればよいのかについて見ていきましょう!

1)潮の種類と特徴とは?

潮にはいくつか種類、特徴があります。図で見てみましょう!

大潮 〇潮の流れが最も強い。

〇魚の活性が非常に高い。

中潮 〇大潮と小潮の中間ほどの流れの強さ。

〇大潮の前・後で2回中潮になり、後の方が釣りやすい。

〇大潮に次いで魚の活性が高い。

小潮 〇潮の流れはゆったりとしている。

〇時合いが来れば長い間魚を釣ることが出来る。

長潮 〇小潮の時、干満の差が一番少ない時の潮。

〇魚の活性が低いので、釣果に期待は持ちにくい。

若潮 〇小潮から大潮になるにあたって、干満の差が徐々に大きくなる際の潮。

〇潮の流れは悪く、魚の活性は低め。

図を見てみると、大潮が最も釣れることが分かりますね。大潮の時は非常に魚の活性が高く、釣りには向いていますが流れが早いというデメリットもあります。

ルアー釣りなどの重ためのものを使用する釣りではさほど問題はありませんが、軽い繊細な仕掛けでは流されて釣りがしにくいなんてこともしばしば。

かと言って流れが緩やかな小潮では時合いが訪れるまでは退屈してしまうこともあるので、どの潮が良いのか選ぶのも苦労してしまいますね。

2)釣りをするならどのタイミング?

釣りをするならどの潮のタイミング?と聞かれると、やはり大潮の日のマズメ時がおすすめ。魚の活性が高くなければ釣れるものも釣れないので、初心者の方ほど大潮の日のマズメ時を狙ってみるとよいでしょう。

特に、朝マズメがおすすめでサビキ釣りではアジやサバ、イワシなどが良く釣れるでしょう。フカセ釣りではエサ取りに悩まされることも心配ですが、コマセワークでエサ取りをかわすことが出来れば良型チヌ・グレを狙えます!

タイドグラフって何?

出典:ヤフーショッピング

タイドグラフを簡単に言うと、潮の満ち引きをグラフ化したもの。潮の満ち引きをグラフ化したところで釣果に関係してくるの?と思ってしまいがちですが、実は大いに関係しています。

満潮・干潮のピーク時には基本的に潮の流れが緩やかになります。このタイミングでは魚の活性も落ち、釣りにくくなってしまうことがほとんど。

釣り用語の中に、「上げ7分、下げ3分」という言葉があります。この意味は、水量を10分割したとして7割満ちたタイミングを上げ7分、3割引いたタイミングを下げ3分と捉えれば分かりやすいですね。

上げ7分、下げ3分のタイミングを上手く狙うことが出来れば釣果に期待を持つことが出来ます!しかし、地域によっては上げ3分、下げ7分の場所もあるので注意が必要です。

闇雲に釣りに出かけるのは危険?

潮の流れによって釣果が左右される釣りという世界は、闇雲に釣りに出かけるとボウズになるなんてことも。もちろん、休みがその日しかなくその日しか行けないなんて方がほとんどなので、潮の良い日だけを狙って釣りに行くことは難しいです。

ですが、この日は〇潮だからよく釣れそう、この日は〇潮だから釣れない時間が多いのかな?というように心構えをしておくと、より釣りに集中することが出来るので潮見表やタイドグラフの確認をしておくことをおすすめします!

アングラーをサポートするおすすめアプリ2選!

潮見表は釣具店で本で売っていたりタイドグラフは時計についていたりと様々ですが、なんとアプリでお手軽に見ることが出来ます!

ここでは釣り人を強くサポートしてくれるおすすめのアプリを2つご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね!

(1)潮汐なび

潮汐なびは、日本全国のタイドグラフや月の満ち欠けを表示してくれるアプリ。ポイントを絞って検索することが出来るので、より詳しい情報を見ることが出来ます!

タイドグラフの表示は非常にシンプルなので、初心者の方でも安心して使えるのが嬉しいポイントですね。

カレンダーで潮の状態を確認することが出来るので、釣行日の予定を立てる参考にもなります!

百聞は一見に如かずなので、まずはダウンロードしてみることをおすすめします!

(2)魚勝 潮見表

魚勝 潮見表は、全国各地の潮の満ち引きを確認することが出来、有名ポイントから穴場のポイントまで様々なポイントを調べることが出来るアプリ。

最大1か月先の潮位と天気を確認できるので、予定を立てやすいのが非常に嬉しいポイントですね。

タイドグラフも非常に見やすくなっているので、初心者の方に自信を持っておすすめ出来ます!

ぜひダウンロードしてみてくださいね!

潮見表やタイドグラフを使いこなして大物を狙おう!

潮見表やタイドグラフを知ると、今までぼーっと見ていた海を違う目線で見ることが出来ます。今は魚の活性が高そうだから攻めてみよう、今は魚の活性も低いし休憩しよう、というように考えながら行動出来るようになれるのは大きいですよね。

アプリを使えば事前に潮の情報を知ることが出来るので、何釣りをしようか、いつ出かけようか、ということも考えることが出来るので、より効率の良い釣りを楽しむことが出来ますよ!

潮の流れを知れば他の釣り人と差をつけることも夢ではありません。ぜひ、この記事を機に潮見表・タイドグラフを活用してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事