宿泊キャンプでは、もはや必須アイテムとなったランタン。
非常時同様、アウトドアのロケーションというものは、灯りが少ないです。安心・安全・快適に過ごすために、灯りを提供してくれるランタンがあれば、とても心強いです。

そこで、今回は、
ソーラー多電源多機能ランタン 『BISLX』が、いかに私たちの味方になり得るかを、ご紹介したいと思います。

出典:メテックス

非常時やアウトドアでも役立ちます。

非常時とは、
国内的または国際的に重大な危機に直面したときをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一般的に、「普段と異なった危急のとき」であると言えます。
何事も普段と変わらず、平穏に暮らしていければ良いのですが、

『災害は忘れた頃にやってくる』

と、昔の人が残した言葉にもあるように、いつ何が起きても、

『備えあれば憂いなし』

なのです。
防災対策や準備はやり過ぎるということはありません。

災害等が起きたとき、直接的な被害に遭わなくても、二次災害によって困ってしまう人はたくさんいます。何をするにも、灯りがなければ始まらない事が多いですよね。そんな時、光の大切さを改めて感じる人が多いそうです。昔から人は灯り(光)があれば、自然と安らぐことが出来ます。

色んな場面で私たちを助けてくれること間違いなしのソーラー多電源多機能ランタンは、きっと強い味方になってくれます。

マルチな機能が輝きます!

◆多電源
(ソーラー・手回し・USB)
◆多機能
(ラジオ、LEDライト、携帯充電、サイレン他)
のマルチ機能ユニット

ソーラーで常時充電でき、クランクハンドル3分でフル充電できるから、緊急・災害時やキャンプなど、無電源環境におけるAM/FMラジオ・LEDライト(白色及び赤色)・携帯充電(一部機種を除くほとんどのモデルで可能)・サイレン・外部出力等充実の機能を備え、コンパクトでスリムな外観、車内に置いても場所を取りません。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
クランクハンドルを3分間回転時(120回/分程度の速度)の最大使用可能時間
・LEDライト:MAX 30分点灯
・AM/FMラジオ:MAX 10分使用可能
・携帯電話:MAX 5分通話可能
・スピーカー:MAX 13分使用可能
ーーーーーーーーーーーーーーーー

■各スイッチの使用方法
⚫︎ライトスイッチ
1回押すとLEDに灯りが点灯。その後、1回押す毎に[赤色灯]→[ナイトライト]→[消灯]。
非使用時は必ずOFFにする。

⚫︎ラジオ
[右回し]でONとなり更に回すと音量が上がります。
[左回し]カチッと音がするまで回すとOFF。
ラジオONの状態で、充電表示インジケーターが点灯します。

⚫︎サイレン・赤色灯・高周波音波発生スイッチ
サイレン・赤色灯・高周波音波の3種類を1つのスイッチを切り替えることで発生させる事ができます。

⚫︎コンパス
水平に置くと方位磁石でおおよその方角を示します。

⚫︎手回しハンドル(クランク)
ハンドルを引き起こし、左右どちらかへ回すと内蔵充電池に充電しますが、充電中は全てのスイッチをOFFします。
緊急時は必要な機能のみをONにし機能可能だが充電はされず、ハンドルを回すのをやめると機能しなくなります。

⚫︎携帯電話充電端子
スマートフォン、iPhone6(6Plusを除く)など、殆どの機種を充電できます。一部海外モデルや古い機種には非対応のものもあります。
⚫︎ソーラーパネル
充電する時はスイッチをすべてOFFにし、出来るだけ太陽光へ向けます。約15時間で充電池をフル充電できます。

■機能詳細
・乾電池不要で、停電時にも使用を可能にする多彩な充電方式を採用しており、ソーラー・手回し・USBの3種類から選べます。
・携帯電話の充電も出来、iPhone(6Plusを除く6以下のバージョン) / docomo / au / SoftBank / 各種スマートフォンに対応しています。*一部機種を除きます
・AM・FMラジオ受信:ワイドFM対応、サイレン機能も
・明るく長寿命12灯LEDライト:非常時は赤色灯
・吊り下げ・平置き両用可:屋外でも室内でも
・インテリアにマッチ、読書灯・スタンドライトとしても使えます。

✳︎本機器に内蔵されたリチウムイオン電池はリサイクルできます。本機器を廃棄するときはこのリチウムイオン電池を取り外してください。

 

今年は地震、台風が…

先日の北海道胆振東部地震、和歌山県台風21号被害と、立て続けに起こった災害に、それぞれ私の友人たちが被災しました。

和歌山の友人は持ってなくて困ったと言うモノが、自家発電機能の付いた照明器具。
「絶対に!用意しといて損はない!」
両者とも口を揃えて断言しておりました。

北海道の主要都市に住む友人は、「停電は40時間程度で済んだが、自家発電機能の付いたランタンがあったから、多少の灯りがあって、子供たちも安心してパニックになることもなかったよ。アウトドアで使うくらいにしか考えてなかったけど、アウトドア用品がこんなに自分たちを助けてくれるなんて想像もしてなかった!日常生活では必要ないかも知れないけど、緊急事態の備えに持っておけば助かるよ!〈あったら便利なモノ〉1位だよ!」と。

一方、和歌山の友人は、
「うちの地域の停電は、半日で復旧したけど、山間部では1週間以上停電したままで、ロウソクで過ごしたらしいよ!あんな時、自家発電機能の付いた照明器具があったら、気持ちの面で落ち着けると思う!停電で暗いだけでなくて、気分まで暗くなってしまうから!動くに動けなくて、気持ちもどんどん落ち込んで、精神的にも辛かった…」と、
切実な体験談を聞き、我が家も備えておくべきだなと痛感しました。

まず、ランタン型は全方位を照らせるルームライトとして使用できます。部屋全体に明かりを灯し、常夜灯として使っておいても、ふと目覚めて真っ暗より、お子さんも安心できるでしょう。
手元作業などには、ヘッドライトを併用するなど工夫もできます。

そして、何より携帯電話の充電も出来るというのは、かなり魅力的だと思います。離れて暮らす家族や親戚、友人などに連絡を取ったり、取られたりと何かと携帯電話は必要になります。そんな時には、お互いに安心できますね。

商品スペックと、販売サイトを載せておきます。

エバーブライト ソーラー多電源多機能ランタン BISLX

<仕様>
サイズ(約): 直径90(上部)× 高さ270mm
重量(約): 470g
材質 : ABS、ポリカーボネート
動作及び保管環境 : 4℃〜38℃
出力電圧 : 5V (携帯電話充電用)
ラジオ周波数 : AM 530-1650kHz / FM 76-108MHz
付属品 : 携帯電話充電用コード1本、外部入力コード1本、オーディオ入力接続コード、携帯電話充電用アダプター5個、取扱説明書
原産国 : 中国

エバーブライト ソーラー多電源多機能ランタン BISLX
●ソーラーで常時充電、クランク3分で充電できるから、緊急・災害時やキャンプなど、電源が無くても多機能発揮。 ●災害時の停電やアウトドアでの無電源環境でも、AM/FMラジオ・LEDライト(白色及び赤色)・携帯充電(iPhone6 プラスを除くほとんどのモデル)・サイレン・コンパス・外部出力等充実の機能。 ●コンパクトでスリムな外観、車内に置いても場所を取りません。 クランクハンドルを3分間回転時(120回/分程度の速度)の最大使用可能時間 ・LEDライト:最大30分点灯 ・AM/FMラジオ:最大10分使用可能 ・携帯電話:最大5分通話可能 ・スピーカー:最大13分使用可能 商品関連キーワード エバーブライト ソーラー多電源多機能ランタン BISLX エバーブライト ソーラー多電源多機能 ランタン BISLX 4513643065528

〈商品レビュー〉
「台風時の停電を経験し、購入しました。キャンプ用と違い、非常用なので、いろいろな機能が備わって非常時には活躍すると思います。そのような非常時が来ないことを願いますが。 使ってみないとわからないので、★は4つにします。」
2018年9月14日 Yahoo!ショッピング

これだけ多機能で、実用的なスペックなのに、¥5千円台というお手頃なお値段で手に入れられるのです。
レビューの方もおっしゃっているように、非常時が来ないことが1番ですよね。筆者自身も、阪神淡路大震災を経験したからこそ思います。

災害なんてない世界になってほしいものです。自然の脅威に比べれば、人間なんて弱いものですからね。

 

自家発電とマルチ機能が心強い!

非常用照明器具の電源タイプは大きく分けて、[電池][充電][ソーラー][手回し]の4種類となります。それぞれの特徴を以下に簡単に…
[電池]タイプは、圧倒的な光の強さがあります。

ただ、電池が切れれば使用できなくなります。電池のストックを用意しなくてはなりません。

大量に電池のストックを用意すれば、荷物が重くなり、持ち運びには不向きです。

[充電]タイプは、言わずもがな非常用には再充電ができないので、少し頼りない印象です。

あくまでも予備のライトとして考えておくと良いと思います。

[ソーラー]タイプは、晴れていれば問題ないのですが、曇れば充分に充電できないのが難点です。

自宅で待機できれば良いのですが、避難所なと共同生活を行う場合、明るい場所での充電時に放置した際の盗難が心配です。

[手回し]タイプは、電池切れという概念はありません。自家発電です。光が弱くなってくれば回せば良いのです。
自家発電機能によって、停電時、電源の心配をせずに使用できる安心感を持つことができて、とても心強いです。

そして、マルチな機能の中に、ラジオがあります。
非常時は限られたチャンネルで災害情報が得られるよう配慮されています。少ない情報源から、自分たちの置かれた状況下で情報を仕入れなければならず、それもストレスの1つになりかねません。

非常時のストレスほど排除しなければならないものはありませんから。
ひとつだけ注意してほしいのは、防水機能の表記がないので、キャンプサイトでは、タープの下やテント内など、出来る限り雨避けが可能なロケーションを選んでほしいです。

自宅なら、屋内での使用が好ましいです。多少の水気には対応できるとは思いますが…多機能なものですから、大事にお使いください。

最後に、
自家発電はハンドルを手で回し続けて充電するので、充電完了までに腕が疲れるというデメリットもあります。

そんなデメリットを軽減するため、[充電][ソーラー][手回し]の3種類のハイブリッド型である、エバーブライト ソーラー多電源多機能ランタン『BISLX』は超オススメなんです。

我が家にも、もうすぐ届きます♪

おすすめの記事