タープの中での焚き火

 

キャンプを楽しむ上で焚き火は欠かせません。

調理をしたり、お湯を沸かしたり、焚き火を囲んで仲間との会話を楽しんだり。

 

雨が降ってきてしまって、タープの下で焚き火をすると燃え移らないか不安で

「せっかくの焚き火が楽しめない!!」

 

なんて経験ありますよね。

 

そこで、今回は難燃性の高いタープをご紹介と使用上の注意点をまとめます。

 

これで安心して焚き火を楽しんでいただきたいです。

難燃性タープの特徴

言葉の通り、難燃性とは燃えにくい性質を持っています。

しかし、ここでのポイントは「全く燃えない」という訳ではないことです。

 

焚き火の火の粉がタープに飛んでしまっても、広範囲に燃え広がらず焼けてしまうことを防いでくれます。

万が一、火の粉がタープに着いてしまっても、慌てずに対処すれば大惨事になることはありません。

難燃性タープには

・耐火性に優れている材料から作られているもの

・生地に難燃加工されているもの

このような形で分けられます。

しかし、防火加工とは違いますので火に気を付けながら焚き火をする、という事には変わりません。

より安全に楽しむためのタープということでご紹介していきます。

 

 

 

3.難燃性タープの素材の特徴

 

難燃性タープの素材には

コットン生地

T/Cポリコットン生地(ポリエステルとコットンの混紡生地)

難燃性ポリエステルタフタ生地

この3種類があります。

 

①コットン生地

化繊に比べ、火の粉に強い丈夫な素材です。

燃えにくい素材ですが、難燃加工がされていない物もあるので注意が必要です。

丈夫な為、重量感があるところがデメリットです。

 

水が染み込むと、繊維が膨張するのでボタボタと雨漏りする心配もありません。

防カビ加工されているものもありますが、格納時にはしっかりと乾かしましょう。

カビが発生してしまうと生地を傷めてしまうので、せっかくのタープがボロボロになってしまいます。

長時間の豪雨ですと、多少の漏れはありますが、水が流れやすいように張ってあげれば問題ありません。

遮光性が高く、炎天下でも涼しく快適な日陰をつくってくれます。

 

何よりも、コットン生地の温かい風合いが魅力の一つでもあります。

 

②T/Cポリコットン生地(ポリエステルとコットンの混紡生地)

ポリエステルとコットンの混紡生地なので、それぞれの特徴を兼ね備えています。

ポリエステルの軽量感、耐水性。

コットンの難燃性、遮光性。

 

物によっては専用の難燃シートを使用しなければ焚き火ができない場合や、ロースタイルではなく、高さを出して張らなければならない場合があります。

完全な焚き火用ではない場合があるので、天井に難燃シート(焚き火シート)を使用すれば焚き火ができます。

 

③難燃性ポリエステルタフタ生地

「CPAI-84」という米国の難燃性基準があります。

◎燃焼距離…点火すると、着火点からの距離は255㎜までに消えること。

◎燃焼時間…点火すると4秒以内に消えること。

この基準を満たしているのが「難燃性ポリエステルタフタ」

という生地です。

ポリエステルなのに、火の粉が付着しても燃え上がる心配がありません。

更に、有害紫外線を約90%もカットし、断熱効果もある優れものです。

ナイロン生地よりも耐候性のい高い生地でもあります。

商品紹介

UNIFLAME REVOタープL

ユニフレーム UNIFLAME REVOタープ L/アウトドア キャンプ レボ ヘキサタープ
左右非対称デザインが創り出した抜群の開放感と心地良い住居性。 リーフウィングとサイドポールが創り出す大きなリビングスペース。 ヘキサの張り方でレクタ・スクエアの居住性を実現しました。 張りやすさだけでなく、状況に応じたバリエーションも 簡単に楽しめる『REVOタープ』の誕生です。

【サイズ】
収納時:約69×18×18(高さ)cm

【素材】
■幕体
ポリエステルタフタ150D
耐水圧1800mm以上
UV-CUTコーティング
PUコート+テフロン撥水処理
■ポール
スチール
(φ28.6mm×240cm×2本、φ19mm×180cm×2本)

【重量】
約6.1kg
(幕体:約2.2kg、ポール:約3.9kg)

【付属品】
張縄・ペグ(スチール8本)・ハンマー・ペグケース・ポールケース・収納ケース

【ほか記載事項】
MADE IN CHINA

 

 

開放感追求型タープです。

大自然を感じながら、タープの下で焚き火も楽しめます。

設営しやすい設計になっているので初心者にも安心!!

紹介している商品はLサイズ(4~6人用)ですが、他にもサイズがあるので、大人数でも少人数でも楽しめます。

焚き火をするには、十分な高さを出して張りましょう。

 


 

・ LOGOS タープ Tarp グランベーシック BIGオクタゴン-AG

ロゴス LOGOS タープ Tarp グランベーシック BIGオクタゴン-AG 71808021
■総重量:( 約 ) 5.5kg ■サイズ:( 約 ) 555×500×230cm ■収納サイズ:( 約 ) 66×18×18cm ■素材: ポール/スチール直径28mm フライシート/難燃性150Dポリエステルオックスフォード 耐水圧2000mm UV-CUT加工 ■特長: 丈夫なポリエステルオックスフォード生地を使用。 極太(直径28mm)ポール採用し高さ調整も可能。 耐風性・居住性に優れ、多彩なレイアウトが可能な八角形タープ。 グランベーシック トンネルドーム XL-AG(No.71805023)とLINK可能。 ※製品は予告なく仕様を変更する場合があります。 検索ワード:アウトドア キャンプ レジャー アウトドアグッズ キャンプ用品 ヘキサタープ ヘキサ 大型 日よけ UVカット

【総重量】

( 約 ) 5.5kg

 

【サイズ】
( 約 ) 555×500×230cm

■収納サイズ:( 約 ) 66×18×18cm

【素材

■ポール

スチール直径28mm


フライシート難燃性150Dポリエステルオックスフォード 耐水圧2000mm UV-CUT加工

 

極太(直径28mm)ポール採用し高さ調整もできます。

 

テント生地は難燃性に優れているだけではなく、耐久性にも優れている

「ポリエステルオックスフォード」といわれるタテ糸とヨコ糸を2本ずつ引き揃えて平織りされた丈夫な素材を使用しています。

もちろん、雨の日でも安心の耐水性も兼ね備えています。

耐風性・居住性に優れ、様々なレイアウトを楽しむことができる八角形タープです。

「CPAI-84」米国難燃性基準を満たしているので、万が一火の粉が着いてしまっても安心です。

 


 

・ロゴス neos ドームFITヘキサタープ

タープテント ロゴス LOGOS neos ドームFITヘキサ タープ サンシェード 日除け 日よけ 簡単 耐風 ケース付き レジャー キャンプ アウトドア 紫外線対策 送料無料
<商品情報> 総重量:(約)4.0kg 組立サイズ:(約)幅440×奥行430×高さ230cm 収納サイズ:(約)長さ67×幅16×奥行13cm 素材:[フレーム]スチール    [シート]難燃性ポリエステルタフタ 耐水圧2000mm UV-CUT加工 ●耐風性に優れたヘキサゴンタイプ ●裾はテントにフィットしやすいラウンドシェイプ
<ご案内> 送料無料(※北海道・沖縄県・離島など一部地域を除く) 2-4営業日での発送 ※ご入金確認後の発送手配となります。
やむを得ず在庫切れの場合もございます。
予めご了承下さい。
<関連ワード> ロゴス LOGOS neos ドームFITヘキサ 4443-N タープ サンシェード 日除け 日よけ 簡単 UVカット 紫外線対策 耐風 ケース付き レジャー キャンプ アウトドア BBQ バーベキュー 海水浴 ビーチ 庭 引っ越し 新生活

【総重量】

4.0kg

【サイズ

440×430×230cm

■格納サイズ

 67×13×16cm

【素材】

フレーム

スチール   

シート

難燃性ポリエステルタフタ 耐水圧2000mm UV-CUT加工

 

ロゴスの難燃性ポリエステルタフタ生地タープは、デザインの種類が豊富!!

ロゴスの楓マークが好き!!なんて方も多いですよね。

デザインに負けじと、機能性も抜群な六角形タープです。

この商品も「CPAI-84」米国難燃性基準を満たしているので、万が一火の粉が着いてしまっても安心です。

 


 

・tent-Mark DESIGNS  レボ タープ 【L】 コットン

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン レボ タープ 【L】 コットン
tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン レボ タープ 【L】 コットン tent-Mark DESIGNS

■素材

コットン100%(表面撥水加工)

■サイズ

520×550cm

■重量

(約)6.3kg
(本体 4,830g、ケース&ペグ 1,380g)

■付属品張り綱(11m×2本/4.5m×4本)

ペグ

収納袋原産国ベトナム

 

コットン100%使用の生地なので温かみのある風合いです。

遮光性があるので日よけにも最適!!

デメリットとして、コットンなので重量感があります。

コットン生地は難燃性に優れていますが、防火加工はされていません。

焚き火をする際は、しっかり高さを出して張り、直接生地に火が当たらないようにして下さい。

 


NORDISK/ノルディスク Kari 12 タープ 

NORDISK ( ノルディスク ) カーリ12 / Kari 12 カリ コットン テント タープ 142017
NORDISK ( ノルディスク ) カーリ12 / Kari 12 カリ コットン テント タープ 142017 火に強いポリコットン素材のため、タープの下で焚火したり調理したいという方におススメです。また、撥水処理がほどこされており、雨もしっかり防いでくれます。アスガルドやアルフェイム等、コットンテントと組み合わせてスペースを増設するのもおススメです。NORDISK(シロクマ)ロゴプリントもございます。 【ブランド】NORDISK 【モデル】Kari 12 Tarp (142017 ) 【サイズ】300cm x 400 cm 【重さ】約7.5kg  【素材】テクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)  【耐水圧】350mm  【収容人数】4〜6人 【セット内容】タープ本体、スチールポール2本、スチールペグ10本、ロープ ※海外正規品を弊社が直輸入している並行輸入品になります。

サイズ

300×400 cm
収納サイズ

94×30cm

質量

7.5 kg

素材コットン35%、ポリエステル65%

付属品
スチール製ポール×2本
スチール製Vペグ×10本

木やランドローバーなどに簡単に吊り下げられます。

一般のナイロン製よりは耐火性はありますが、防火加工ではありません。

タープ下で焚き火をしたい場合、十分に注意が必要です。

 

 


5.使用上の5つの注意点

 

難燃性であっても、火の取り扱いには十分に気を付ける事。

火が直接当たってしまうと燃えてしまう恐れがあります。

いくら難燃性といっても、ものすごい火力で焚き火をしてしまえば、危険です。火力の調整もしっかり行いましょう。

火の粉くらいであれば問題ありません。

 

タープを張る際は、しっかり天井の高さが出るように気を付ける事。

しっかり素材の特徴を抑えていれば、安心安全にタープの下で焚き火が楽しめます。

火力を抑えたからといっても、低く張ってしまえば意味がありません。

焚き火を天井の距離をとってあげることも重要です。

 

 

ポリコットン生地タープを使用する場合は、専用難燃シートを天井に使用しましょう。

「焚き火OK」と記載されていても、中には難燃シート使用時に限る場合があります。

どうしても不安なときは、天井に難燃シートをかけてあげればさらに安心です。

④難燃性加工や生地は使い方によっては、劣化してしまいます。

経年劣化はどうしても起こってしまうものです。

水滴や汚れを付着したままですと、そこから生地を傷めてしまい、劣化の原因になります。

より効果を持続させたり、長年使っていくためには、しっかり水滴や汚れを落としてから格納することが大切です。

 

 

いつでも火が消せるように消化用品、消化水の準備をお忘れなく!!

焚き火の基本!!火の取り扱いには十分に注意して、上手に楽しみましょう。


6.まとめ

難燃性タープの様々な特徴をご紹介してきましてが、使用上の注意点を踏まえて正しい使い方をしたうえで、快適なキャンプを楽しみましょう。

 

コットンタープであれば、主張し過ぎない温かい雰囲気。

難燃性ポリエステルタフタ生地なら、柄やデザインも豊富です。

難燃加工ではなく、防火加工の方が良いのでは?

と、思うかもしれませんが、残念ながら防火加工のタープは発売されていないのです…

ですので、あなたのキャンプスタイルに合った焚き火タープを探してみてはいかがでしょうか。

そして、安心安全にキャンプを楽しみましょう!!

 

 

 

 

 

おすすめの記事