河口付近や河川、港の中や磯などから行うルアーフィッシングで、人気の高いターゲットであるスズキ。

ルアーフィッシングゲームだけではなく、エサ釣りや泳がせなど多くの釣り方で狙うことが出来て、メジャーな魚種ではありますが、一言でスズキと言っても実は3種類のスズキがいることをご存知でしょうか。

日本沿岸部で釣ることが出来るスズキは、マルスズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキの3種類になりますが、特にマルスズキとヒラスズキは非常によく似ていて、一見するだけでは判別が難しいことがあります。

そこで今回は、気になるスズキの見分け方や基本情報について、詳しくご紹介していきたいと思います。

3種類いるスズキの基本情報

スズキを見分けるためには先ず、スズキの基本的な情報を知っておく必要があります。

深く知っておくことで判別の役に立つことも多いので、それぞれの生息域や生態など基本情報をご紹介していきたいと思います。

マルスズキ

出典:市場魚貝類図鑑

スズキと言えば最も一般的に広く知られているのがこの魚で、北海道から九州にかけて広い範囲に生息しており、海水域から汽水域、更には淡水域まで生息できるため海からある程度離れていても釣れることがあります。

成長に合わせて呼び名が変わる出世魚で、20~30㎝をセイゴ、40~60㎝をフッコ、それ以上の大きさをスズキと呼びますが、地域によっては呼び方が違うこともあります。

生息している場所によっては身が臭くなることもあり、釣れてもリリースするアングラーも多いです。

ヒラスズキ

出典:市場魚貝類図鑑

ヒラスズキは全長が80㎝前後になる大型の肉食魚で、名前の由来はマルスズキに比べて体高が高く、左右に平たいためヒラスズキと呼ばれています。

生息域は房総半島以南の磯を主な生息地としており、磯に出来る荒いサラシの中に身を潜め獲物を捕食することから、磯の王者とも呼ばれています。

マルスズキのように、獲物を追いかけて汽水域や淡水域に入ってくるようなことは、全くないわけではありませんがほとんどなく、河川や河口付近で釣れることはあまりありません。

タイリクスズキ

出典:市場魚貝類図鑑

中国大陸沿岸や朝鮮半島西海岸が原産のスズキ目・スズキ亜目・スズキ科に属する魚で、体の側面に黒い斑点があることからホシスズキと呼ばれることもあります。

稚魚が養殖用に輸入されていて、主に西日本で養殖されているが台風などで生簀が壊れて逃げ出した個体が、日本沿岸に居ついたとされて、在来種のスズキと同じ生息域に住むことから、交雑することもありマルスズキとタイリクスズキの特徴を併せ持った、ハイブリッドも存在しています。

また、環境省の外来生物法によって、要注意外来生物指定されています。

見た目での見分け方

出典:シマノ公式

ここでは、非常によく似ているマルスズキとヒラスズキの見た目での見分け方について、いくつかご紹介していきたいと思います。

頭部の大きさ

マルスズキとヒラスズキは頭部の大きさで見分けることが可能で、マルスズキは体に対して頭が大きく、ヒラスズキは体に対して頭が小さく見えます。

なので頭でっかちはマルスズキ、と覚えておくと判別に役立ちます。

しかし、スズキのコンディション(太っているか痩せているか)で判別がつきにくい場合もあるので、他の判別方法と合わせて確認するといいでしょう。

目の大きさ

両魚は目の大きさが明らかに違うので、目の大きさで判別することが出来ます。

マルスズキは頭に対して目が小さいですが、ヒラスズキは頭に対して目が大きくなっています。

体高の高さ

ヒラスズキの名前の由来はマルスズキに比べて体高が高く、左右に平たいことからつけられています。

その特徴を利用して両魚を判別することが出来るのですが、頭の大きさで判別する方法と同じく、太っているかいないかで見分けにくいことがあるので、他の方法と組み合わせて判別しましょう。

尾の付け根の太さ

マルスズキとヒラスズキには、尾の付け根の太さの違いがあり判別するのに役立ちます。

この違いは、スズキのコンディションに左右されないので、確実に見分けられる方法の一つで初心者の方でも分かりやすく判別しやすいです。

ヒラスズキの尾の付け根はゴツイ、マルスズキはスリムだと覚えておきましょう。

下あごのウロコ

ヒラスズキは下あごに口の先端からエラの方にかけて、両サイドにウロコがついていますが、このウロコはマルスズキにはなく確実に見分けることが出来ます。

いくつかご紹介してきた方法で判別がつきにくい時は、このウロコを確認してみましょう。

軟条の数で見分けることもできるが…

出典:市場魚貝類図鑑

※画像はヒラスズキ

スズキは軟条と呼ばれるヒレの中にある筋の本数でも見分けることが出来ます。

尾に近い方の背ビレ、第二背ビレと呼ばれていますが、このヒレの中にある軟条と呼ばれる筋の本数がそれぞれ違い、マルスズキが12~14本であるのに対してヒラスズキは15~16本と、数が多くなっています。

しかし、釣り上げたばかりで動いている時は数を数えにくく、鋭くとがったヒレに刺されてしまう可能性が高いので持ち帰る前の判別方法としては、あまりおすすめ出来ません。

タイリクスズキは他の2魚種と明らかに違う

出典:市場魚貝類図鑑

※上がマルスズキ、下がタイリクスズキ、

タイリクスズキにある独特の斑点、背ビレの中にまで斑点がある。

ここまで、マルスズキとヒラスズキの見分け方についてご紹介してきましたが、もう一種のタイリクスズキに関しては判別は容易で、他の2魚種にはない黒い斑点が体の側面にあるので、簡単に見分けることが出来ます。

見た目の特徴ですが、頭の大きさはどちらかと言うとマルスズキに似ており、目の大きさはやや大きい程度で、軟条の数も12~15本とどちらの特徴にも当てはまってしまうので確実な判別方法にはなりません。

なので、斑点があるかないかで見分けることが一番確実な方法だと言えるでしょう。

生息域や引きの強さにも違いがある

両魚を見分ける方法の一つとして、釣れた場所も判断基準になります。

ヒラスズキはマルスズキと違い、汽水域や淡水域をあまり好まないのでこのことも判断材料の一つになり、マルスズキは海水域だけではなく、汽水域や淡水域まで生息しているため、河口付近や河川で釣れたスズキはマルスズキの可能性が高く、判別するための材料の一つになります。

また、両魚には引きの強さの違いもあり、ヒラスズキはマルスズキに比べて体高が高く、尾の付け根の太さからも分かるように力が強いため、強烈な引きを感じさせてくれます。

このように生息域や引きの強さなどからもある程度の判別は可能ですが、100%住み分けされているわけではないので、見た目の判別方法と合わせて覚えておくといいでしょう。

市場価格や味の違い

アングラーにとって自分で釣った魚の価値がどれくらいあるのか、また、どんな味がするのか美味しいのかも気になりますよね。

ここでは、スズキの市場価格や味の違いについてご紹介していきたいと思います。

市場価格

市場での取引価格は、マルスズキよりヒラスズキの方が高い値段で取引されており、海産物なので値段の変動はありますが、1㎏あたりおよそ300円台から1200円台、ヒラスズキが1㎏あたり2000円前後と2倍近い差があります。

ヒラスズキの方が身に臭みがなく、入荷量も少ないことから安定した高値で取引されることが多くなっています。

味の違い

基本的には非常に似た味ですが、マルスズキの方は生息域の違いによって身に臭みがあることが多く、生食ではあまり食べることはありません。

しかし、船の上から釣れるものや磯で釣れるものは、臭みも少なく生食で食べることのできる個体もいます。

ヒラスズキは透明感のある白身で色合いはイサキや真鯛のようで身に臭みがなく、料理方法を選びません。

特に旬である秋から冬にかけて釣ることのできる個体は、油が乗っていて絶品です。

美味しい食べ方は?

釣りは自分で釣った魚を食べることが醍醐味の一つでもあります。

そこでここでは、マルスズキとヒラスズキの美味しい食べ方について、いくつかご紹介したいと思います。

マルスズキ

基本的にはくせのない白身魚で、どんな料理にもよく合いますが釣れた場所によっては、臭みがあることがあり生食にはあまり向かない個体が多いですが、沖合で釣れたものは臭みもなく刺身でも美味しく食べられます。

また、油の乗った時期のマルスズキは塩焼きや煮付け、幽庵焼き(酒、みりん、醬油の同割りしたものに一晩漬けて焼いたもの)、フライなど美味しく食べることのできる料理は多くあります。

調理する時の注意点として、臭みは皮の部分についていることが多いので、出来るだけ皮を取り除いて料理すると臭みを軽減させることが出来ます。

ヒラスズキ

マルスズキよりも高級魚として扱われているヒラスズキは、身に臭みが全くなく刺身で食べるのが一番美味しく、特に旬である秋から冬にかけて釣れたものは、身が引き締まり脂の乗りが大変良くワサビ醬油で食べるのも美味しいですが、薄造りにしてゴマポン酢に一味唐辛子を加えて食べると絶品です。

その他にも、塩焼きや幽庵焼き、煮付け、鍋や味噌汁など身に臭みが全くないため、どんな料理にもよく合いますが火を通すのであれば、ムニエルが特におすすめです。

ムニエルとは魚に小麦粉を付けてバター焼きにした料理で、完成したものにレモンを添えて食べると美味しいです。

魚を見分けることはアングラーの必須スキル

出典:シマノ公式

どのような釣りにおいても魚を見分けることは、非常に重要なスキルで必須であると言えます。

海で釣ることのできる魚には毒を持つ魚も存在し、魚種によっては非常によく似ていて判別が難しく、注意が必要になる場合があります。

幸いスズキには毒はなく判別できなくても食べることに問題はありませんが、上記で紹介したように河川や河口付近に生息するマルスズキは、どうしても川魚のような独特の臭みがあることもあり、判別できずに持ち帰っても人によっては食べることが出来ず、無駄に命を奪ってしまうことにもなりかねません。

そのような事態を避けるためにも、しっかりと判別方法を把握してシーバスフィッシングを楽しみましょう。

★関連記事★

おすすめの記事