釣りにおいて非常に重要なポイントになるドラグ調整。

ドラグ力の調整をしっかりとしていなかった為に、不意の大物の走りにラインが耐えることが出来ず、ラインブレイクしてしまい悔しい思いをしてしまう方も多いのではないでしょうか。

完璧なドラグ調整をしていればライトタックルでも、驚くような大物を釣り上げることも可能です。

そこで今回は、魚とのやり取りにおいて重要になるドラグ調整のやり方や注意点と合わせて、ドラグ性能に優れたスピニングリールをご紹介していきたいと思います。

ドラグの重要性

出典:シマノ公式

ドラグは魚の強烈な引きを受けた時に、スプールを逆転させてラインを送り出し、強度の限界を超えてラインブレイクしないようにサポートしてくれる重要な機能です。

ラインの号数や強度に合わせたドラグ調整が必要で、しっかりと合ったセッティングをしておかないと、魚を釣り上げることはできません。

特に大型の魚とのファイトにおいては、ドラグの調整が上手くいっていないと魚に主導権を握られてしまい、根に潜られてしまったりラインブレイクさせてしまったりと、かけた魚の姿すら見ることができずにファイト終了になってしまうこともあるでしょう。

そのようなことで後悔しないためにも、しっかりとドラグ力を調整して魚とのやり取りを楽しみましょう。

調整方法

ここでは、多くのアングラーが実際に行っているドラグ調整の仕方について、ご紹介していきたいと思います。

ラインを手で引っ張って調整する

ラインを手で引っ張ってドラグを調整する方法が、一番多くのアングラーが行っている方法で、必要な道具もなく現場で簡単に調整できるため、狙う魚や釣れている魚のサイズに合わせて細かく調整できるのでおすすめです。

しかし、この調整方法はアングラーの感覚の部分が大きいので、初心者向けの方法ではありません。

スプールを手で回す

ドラグ力の調整をする際に、スプールを手で回してドラグ力を確認する方法があります。

こちらの方法も現場で細かく設定することが可能ですが、やはり感覚の部分が大きく慣れることが必要になります。

バネはかりを使用する

バネ式のはかりや、デジタルの魚の重量を計る計量器を用いることで、ある程度の実際にかかっているドラグ力を計ることが出来ます。

片方を何かに固定するか、持っていてもらう必要がありますが、少しずつ負荷をかけていきドラグを希望する値に合わせます。

この方法ではかなり正確にドラグ力を調整することが出来ますが、計量器を購入するコストがかかります。

水を利用して調整する

水の重さは1ℓあたり1㎏ですが、これを利用することでドラグ力を調整する方法があります。

釣り場にもっていくことの多い水汲みバケツを使用するのですが、やり方はペットボトルなどで合わせたいドラグの基準に合わせて水を入れていき、ロッドに糸を通してバケツにかけます。

その後ロッドでバケツを持ち上げてドラグ調整を行います。

ある程度正確なセッティングが可能ですが、釣り場で行うには手間がかかるので、前日などに自宅ですることをおすすめします。

調整時の注意点

出典:シマノ公式

ここでは、ドラグを調整する時の注意点について、ご紹介していきたいと思います。

ライン強度の1/3程度が基本

ドラグを調整する時の基準は、使用しているライン強度の1/3程度が一つの基本となっています。

しかし、1/3程度というのはあくまでも一つの基準であり、口切れしやすい魚や身切れしやすいイカなどは基準よりも緩めに設定したり、ヒラマサやカンパチ、大型の根魚など、根に潜ってしまいラインブレイクしてしまうような魚種だと、魚に主導権を与えず走らせないようにフルドラグで挑む場合もあります。

なので、基本になる1/3の設定基準を元に魚種や釣り方に合わせて、ドラグ力を調整しておきましょう。

ロッドの干渉を考慮する

ドラグとは設定した力が加わると、スプールが滑り出しラインブレイクやロッドの破損を防いでくれる機能ですが、リールから直接引っ張った時のドラグ力は、ロッドにラインを通すと負荷のかかり方が変わってしまい、実際の力よりも強い力でないと作動しないことがあります。

なので、正確な調整を行うのであればロッドにラインを通して、実際に魚をかけた時のようにロッドを曲げて調整することをおすすめします。

ショックリーダーの結束強度は80~90%程度

ショアからの釣りで欠かせないショックリーダーですが、結束すると実は強度が落ちていることをご存知でしょうか。

その強度はライン強度の80~90%程度と言われており、ドラグ力を調整するときはこのことも考えて調整しなければいけません。

ラインの強度がMAX16kgのラインに、最大ドラグ力15kgのスピンニングリールでフルドラグをかけてしまうとラインブレイクする可能性があるので、結束強度のことも考えてドラグ調整を行いましょう。

優れたドラグシステムを持つシマノとダイワ

出典:ダイワ公式

ここでは、日本の釣り具メーカー最大手であるシマノとダイワが持つ優れたドラグシステムについて、ご紹介していきたいと思います。

シマノのX-TOUGH DRAG

シマノの上位モデルのリールに多く作用されているドラグシステムで、ドラグに求められる基本性能を根底から見直し、各ドラグワッシャーの素材は金属とカーボンのみで構成され、耐熱性、耐久性に優れています。

負荷を効率よく分散させる構造で設計されているため、ドラグの利き始めが非常にスムーズで安定したドラグ性能を発揮してくれます。

特に大型の魚とのファイトでは、ドラグ性能が明暗を分けることもあるので、X-TOUGHDRAGを備えたドラグシステムを持つシマノスピニングリールはおすすめです。

ダイワのATD(オートマチックドラグシステム)

今までのドラグは設定した値まで力が加わらないと、スプールが滑り出さないため滑り出す前に切られてしまうことが多かったのですが、ATDは従来よりも滑り出しがスムーズなことによりラインブレイクしにくくなっています。

また、ドラグの効きが柔らかいので魚に違和感を与えにくく、無駄に暴れられることを防いでくれる効果もあります。

更に作動感に独特のネバリがあるので、低いドラグ設定値でも一気に走られることが減り、ファイト中にドラグ調整をする頻度が少なくて済みます。

ドラグ性能がしっかりしていると魚とのファイトだけに集中できるので、ダイワのATDが備わっているリールはおすすめできます。

ドラグ性能に優れたスピニングリール5選

出典:シマノ公式

ここでは、上記で紹介したシマノのX-TOUGH DRAGとダイワのATDを搭載した特におすすめのスピニングリールを、ご紹介していきたいと思います。

ダイワ 15 ソルティガ 4500H

ソルティガに搭載される機能であるATD は特殊グリスの粘りによりスムーズに滑り出し、魚の引きに追従しながら効きつづける新ドラグシステムを採用しており、ラインブレイクを防いでくれることはもちろんですが、大型魚を弱らせて浮かせてくれます。

ドラグ性能は最高峰で4500番は、多くの釣りに対応したオールラウンダータイプでドラグ力は15kg。

ダイワ 17 ソルティガBJ(ベイジギング) 4000SH

軽量、コンパクトながら10㎏のドラグ力があり不意の大型魚にも対応してくれます。

また、ボディの剛性も高く魚をかけた後にガンガン巻いて来れることが魅力の一つで、潮によるトラブルを防いでくれるマグシールドも搭載されているため耐久力も抜群です。

もちろんATDも搭載されているので、スムーズな滑り出しで無理なく大型魚とのファイトを楽しむことが出来ます。

ダイワ キャタリナ 4500H

キャタリナはソルティガの下位モデルに当たるタイプで、ソルティガに比べると安価ですが、性能にほとんど差はなく優れたドラグ性能を備えています。

特性であるATDは、魚をかけた後にドラグが滑り出しても設定した数値の変化が少なく、同じ負荷を魚に与え続けることが出来ます。

ドラグ力は15kg。

 

シマノ 16 STELLA (ステラ) SW 6000XG

耐久性、ドラグ性能、、巻き上げパワー、剛性、防水性能を高い次元で備えたシマノのハイスペックスピニングリールで、ドラグには耐熱性、耐久性を追求したX-TOUGH DRAGを採用し、スムーズなドラグ性能で大型魚とのやり取りも安心です。

また、防水性能にも優れておりハードな使い方をしても浸水しにくいため、トラブルも少ないです。

ドラグ力は13kg。

シマノ ツインパワーSW 6000HG

ステラSWの構造を随所に採用し、X-TOUGH DRAGも搭載されていてドラグ性能は抜群です。

また、多くの機能特性を持ったスピニングリールで、パワーロスを極限まで排除した巻き上げ力も魅力です。

ドラグ力は13kg。

確実にドラグ力が分かるドラグチェッカー

現在市販されている商品で、ドラグチェッカーと呼ばれるドラグ力を計れる装置があり、これを使用することで簡単に正確なドラグ力を確認することが出来ます。

計り方はラインにドラグチェッカーを装着して、ラインを手で引き出すだけの操作で計測可能で、一人でも楽に計測することが出来ます。

また、ルアーや仕掛けを取り付けた状態でも問題なくドラグ力のチェックや調整を行うことが出来る上に、リーダーの結束強度や魚の重量も計れるので、値段は6000~7000円程しますが計量器代わりに一つ持っていると重宝します。

完璧なドラグ調整で大物を釣り上げよう

大型魚とのやり取りを安心して楽しむためには、ラインブレイクを防いでくれるドラグの調整が必要不可欠になりますが、大物とのファイトの時はドラグ機能はラインブレイクを防ぐためだけのものではありません。

釣りをしていれば、使用しているリールのドラグ力よりも重量のある魚がかかることもありますが、単純計算では上げることが出来ない魚も、ドラグ力を魚にかけ続けて泳がせることで体力を奪い、寄せてくることが出来るのです。

このようにドラグはラインブレイクを防ぐためだけのものではなく、魚に負荷をかけることの出来る機能でもあります。

タックルやライン、そして狙う魚種に合わせたベストなドラグ調整を行い、大型魚を釣り上げましょう。

おすすめの記事