初心者でも使えるポップアップテントなら オシャレな物から、機能的な物まで数多くあります。
大丈夫です。
ここでは、そんなポップアップテントの良さと特徴を分かって頂き、少しでもアウトドアに興味を持って頂きたいと思います。

初心者でもカンタンに建てられるテントは?

 

初めてのアウトドアどんなテントがいい?
カンタンでオシャレでかわいいもので楽しみたい。子供と一緒にテントを使ってみたい。
ポップアップテントといっても色んな種類があります。使用する場所
使用目的によって選ぶと良いでしょう。
設営や収納の仕方はカンタンで、比較的お手頃な価格帯の物も多いのが
ポップアップテントのいい所です。
そのため初心者でも手軽にアウトドアを楽しめます。家族で一緒にBBQを楽しみたい。という方にもおススメです。

すぐに建てられるテントと収納出来るテント

ポップアップテントのいい所 それはカンタンに建てられることです。そして収納の仕方もらくらくで
早く出来ること。ポップアップテントの種類によってはわずか数秒でできるものもあります。
わずかな時間で出来るということは、アウトドアを行う中でとてもメリットがあります。
早くテントを建てて次の作業をしたい。早くかたずけて帰り支度をしたい。など、小さい子供さんがいればなおさらのことです。

オシャレでかわいい

いろんなメーカーから カラフルでかわいいものが沢山出ています。
キャラクター絵柄の物や チェック柄 カラーも豊富にあります。選ぶ時には自分の好きな色とか、子供が好きだからとか、好みに合わせて選ぶのも良いでしょう。形の方もいろんな種類がありますが、それは使う状況や用途に合わせて選ぶことをおススメします。

ポップアップテントの特徴

ポップアップテントには 主に日差し避けるためのサンシェードタイプと、開口部分を風や周りからの視線などを遮断できるクローズタイプ、大きく分けてこの2種類があります。

サンシェードタイプは、海水浴場などで日影がないようなところで日差しをシャットアウトしたい時に向いています。
しかし とても風が強い所では風に飛ばされそうになりますが、ペグ(テント本体を地面に固定する物)や砂袋(重り)を使って飛ばされないようにすることをお勧めします。

クローズタイプは、見た目は完全に普通のテントです。開口部はジッパーなどで閉めることが出来るので 中で着替えをしたりすることができ プライベート空間を作ることが出来ます。

こちらは、日差しが強いとき内部が熱くなる為種類によっては ベンチレーション機能(内部の換気をする為のメッシュ状の風通し)が、ついている物があります。

換気をしたい時に開閉できるので大変便利な機能です。強めの風にも対処出来るのがこのタイプのいい所です。
どちらのタイプにも 耐水性やUVカット機能などを備えたものが多くありますので 用途に合わせて選ぶと良いでしょう。後は付属品(ペグや砂袋)の有無を確認しましょう。付属品がない場合は別で購入しなければいけなくなります。

建て方と収納の仕方

テントの建て方は種類によって異なりますが ポップアップテントと呼ばれる物の多くは、収納してある袋から取り出して広げるだけで勝手に自立して形になってしまいます。

あとは状況によって重りの砂袋を付けたりペグで固定したりして終わりです。
収納の仕方は 本体を折り畳んで収納袋に入れるだけで終了です。

非常にカンタンです。

建て方も収納も大型テントのようにパイプをつないだり、持ち上げたり、数人で建てなければならないという心配はいりません。
収納サイズも気にならない大きさだと思います。

ワンタッチテントと呼ばれるものもあります。

こちらは本体と骨組みのパイプが別になっているタイプです。広げるだけとはいきませんが、つなげたパイプを本体に付いているループやフックなどに通すだけです。

片付ける時はばらすだけで、収納サイズもかなりコンパクトになるものもあり、持ち運びもラクラクです。

おススメの商品紹介

 

ロゴス はらぺこあおむしポップアップサンシェード

http://www.logos.ne.jp/products/info/3184
キャラクター絵柄のシェードタイプです。
開口部分も大きいので使い勝手がいい感じです。強い日差しをシャットアウトするのに適したタイプです。
シリーズもので、チェアやテーブルなど色々あるので揃えていくのも楽しいかも。
子供さんと一緒に楽しめますね。

FIELDOORフルクローズ サンシェードテント

http://fieldoor.com/beachtent/fullclose/
シェードタイプでベンチレーション機能がとてもイイ感じ。屋外でのUV対策にも安心して使えます。UVカット機能はあると嬉しい装備です。カラーも豊富で好きなカラーで選べます。自分の好みの色や、子供さんの好きな色で選んでみるのもいいですね。

ロゴス ROSYポップアップサンシェード

http://www.logos.ne.jp/products/info/2850
大きめのタイプです。開口部分が前後にありトンネルのような感じですね。風が通りやすいので海水浴などで使うのがいいかも。3~4人用なので家族連れで使えのもいいですね。大きめサイズですが、ポップアップタイプで広げるだけですぐに建てられます。

コールマン クイックアップシェード

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N07412.html
コールマンのポップアップテント。独自のベンチレーション機能や防虫対策がしてあり、公園や山などでも使えそうです。信頼のあるメーカーで充実した機能装備ですので、安心して使えます。初心者でも十分満足出来るテントです。

エグゼラックス ワンタッチテント

https://item.rakuten.co.jp/uruza/e376/
テントタイプですが カンタンらくらくに建てられるのが良いです。大人2人が寝転がることができるサイズでゆとりがあり、適度な広さだと思います。砂や泥などの侵入を防げる様になっていて、海でも山でも使う場所を選ばず使用できそうです。手頃な価格もうれしいですね。

キャンプライフをもっと楽しみたい

キャンプをして楽しみたい。けど?

テントだけでは何か物足りないですよね?
テントを持ってきたけど何をすればいいのか?

こんな事にならないように、キャンプライフに必要であったり、あったりいなと思う物をご紹介したいと思います。

 

テントマットとシュラフ

テントを建てる時にその場所が砂地ならまだいいのですが、硬い地面や小石がありゴツゴツしていたり様々なシチュエーションが考えられます。

そんなところでもテントマットを内部に引くだけで居心地が格段に上がります。

dayキャンプでのテント使用もテントマットはあれば便利です。

素材や機能ももちろんですが、自分の持っているテントに合わせてサイズを選ぶのがいいでしょう。宿泊することを前提に考えるとマットがないと寒かったり、背中が痛くて眠れなかったなんてこともよくあります。

シュラフ(寝袋)ですが、宿泊しなくてもあれば便利だと思います。

天気が良ければいいですが 少し雲行きが怪しくなって来て気温が下がり 肌寒くなってきたときテントの中で羽織ったり、膝にかけたり、と いろんな場面で使えます。
現在、販売されているもので広げるとブランケットのような感じになるものや 広げてマット替わりなるものもあります。


出典:コールマン

テーブルとチェア

これらがあるとリラックス感抜群です。テーブルは一人用の小さなものから、ファミリー向けの大きなものまで沢山の種類があり、一つ選ぶとなると大変ですが、使うときの用途に合わせて選びましょう。

収納サイズも大きいものやコンパクトになるものまで色々あります。

チェアもゆったりとしたタイプや、腰掛ける程度のコンパクトなタイプ、小さい子供さんを一人で座らせるのが不安な時は、一緒に座れるベンチタイプもいいと思います。やっぱり自分専用のチェアは用意しておきたいですね。快適性が格段に上がります。


出展:ヘリノックス

BBQグリルとBBQコンロ

グリルとコンロは同じものと理解していただいても結構です。
やはりバーベキューをする時はこれがないと始まりませんよね。


出典:コールマン

一般的にカセットガスを使うタイプと、木炭を使うタイプの2種類が多く使われていると思います。

他にはガソリンを使うタイプもありますが、こちらは使い方やメンテナンスが少し面倒なので初心者の方にはあまりおススメ出来ません。まず、ガスのタイプはスーパーやホームセンターなどで簡単に手に入るカセットコンロ用のガスを使います。

これはどこにでも売っているので非常に便利で、どこで購入しようとしても比較的安価でありがたいです。

高圧ガス用の専用カートリッジタイプの物もありますが、こちらの専用ガスはアウトドアショップや扱い商品のあるショップでしか手に入れられません。

ガスが無くなっても近くのコンビニエンスストアなどでは購入することは出来ません。

どちらも基本的に取り扱いの仕方は同じです。

この2種類で選ぶ時は、使用頻度や高山地で使う場合に多少の火力の違いがあるので、その辺に考慮して選ぶといいとおもいます。ガスタイプは家庭用のガスコンロと変わりありません。取り扱いもカンタンです。

キャンプなどで手際よく料理をしたり、付けたり消したりが瞬時に行えるのでらくちんです。撤収作業や片付けに時間を取られないのがいいですね。

木炭タイプの方は、大人数でのバーベキューで長時間の火力の安定性が必要になるのでこちらがいいのではないかと思います。

但し木炭には直接火をつける事が出来ないので、着火剤などを使います。火を起こすのにもコツがいるので馴れも必要です。コツさえつかめば直ぐに火を起こすことができるようになります。

火を起こした後は火力を安定させる為に、風を送ってやったり木炭を補充したりする必要があります。撤収や片付けの際も、完全に鎮火しないと危険なので、大人数で手分けしたり、時間に余裕があったりしないと、手間と時間がかかってしまうかもしれません。

クーラーボックスと保冷剤

バーベキューをする際に、食材を管理するのに大変ですが、クーラーボックスがあれば食材をダメにする事も無く調理することができます。飲み物など冷やしておくのにも必要です。特別大きなものでは無くてもいいと思いますが、食材と飲み物は分けておける様にしておいた方がいいでしょう。

冷たい物を入れておけば、しばらくは中身も冷えているのですが、長時間経つと温くなってきます。そうならないように保冷剤が必要になってきます。

クーラーボックスは冷蔵庫と違い、冷やすのでは無く、冷たさを保つ物で勝手に冷えてはくれません。その為保冷剤を入れておかないと、食材も全てダメになってしまいます。

クーラーボックス本体の価格帯がかなり高額の物から、安価な物まで幅広くあるので予算と使い道を考えて選びましょう。

保冷剤が無くても、水道水を500mlのペットボトルに入れて自宅の冷凍庫で凍らせておきます。これを2本~3本入れておけば30ℓぐらいのクーラーボックスなら十分に保冷剤替わりになります。そのペットボトルが解けても飲料水として使えます。ご参考までに。

虫よけスプレーと応急措置の薬やキズバンなど

屋外でキャンプをするということは、虫による被害も必ず受けます。子供さんがいればなおさらのこと、外で遊ぶ場合には必ず虫よけスプレーをつけておきましょう。
あとは応急処置用の薬やキズバンなど、これらは必ず常備しておいてください。季節によっては、海辺など非常に日差しが強いです。日焼け止めなどで防ぎましょう。

まとめ

いろいろ紹介して来ましたがいかがだったでしょうか。

子供と一緒に、家族連れで、恋人と2人で、いろんなスタイルで楽しみたい。そんな方に参考していただきたいです。
一言にテントと言っても、いろんな種類があります。

選ぶ際には迷うと思いますが、使用目的、場所、予算などしっかりと考慮して楽しみましょう。

そして徐々にステップアップしていきましょう。
キャンプやBBQでは、テントやBBQグリルの他にも、様々な道具やグッズがあります。これがあればいいなぁ、子供と一緒に遊ぶものがほしい、など、どんどん夢が広がりますね。

安全性を確保するのもとても大事になってきます。

自然の中では思わぬ自体が起こることもあります。安全に楽しめるように道具選びや応急措置に必要なもの、情報収集なども必要になりますのでご考慮ください。
安心して楽しめるキャンプライフがいいですからね。

そしていつかはアウトドアの達人になれますように。

 

おすすめの記事