今回は、荷物にチョイ足しできる!軽量コンパクトな毛布(ブランケット)をご紹介します。

ブランケットはアウトドアなどの色々なシーンで活躍しますので、一家に一つ、いや何枚か欲しいアイテムですね。

キャンプにあれば便利な優れモノ!そんな逸品欲しくない?

荷物は少なければ少ないほど、キャンプ上級者見えしちゃいます。

季節を問わず、キャンプとなると自然とのお付き合いになります。
自然は私たち人間に合わせてはくれません。昼夜の気温差に対応できず、うっかり体調を崩してしまうこともあります。夏でも夜は冷え込んだりしますからね。
肩から掛けたり、腰に巻いたり、ひざ掛けに、使い勝手の良いコンパクト毛布なら、何枚あっても困りません!

更に、上級者ともなれば、寝袋の中に毛布を入れて暖をとるんですって!本当に使い方次第で、いろんな形に早変わりします。

せっかくキャンプの計画にウキウキと準備するなら、邪魔にならないサイズの毛布をひとつふたつ、バッグや車に忍ばせておくだけで安心です!

また、キャンプに限らず、登山・ハイキング・ピクニック・ビーチ・野外フェス・スポーツ観戦のレジャーシート、はたまたオフィスでの冷房対策にも重宝します。
サイズ、使用素材などで使い分けてファッションを意識してコーディネートすると、いつもとはひと味違うオシャレも楽しめますね。

あなたは、毛布の何を重要視しますか?

単なる防寒対策であれば、カイロや防寒インナーで事足りると思います。それ以上の機能が備わっていて、体温調節に一役買ったり、オシャレのワンポイントとなったり、求められる役割が多岐にわたるのが付加価値のある毛布(ブランケット)なのです。

ここでは、機能別の魅力について見ていきましょう。

防寒性能

お手軽な寒さ対策の必需品です。寒い!と思ったら、すぐ羽織ることもできます。

保温性

体温を逃さず、温かさを保ってくれる保温性は欠かせない機能です。

耐久性

雨や汚れに強く、更に強度がある丈夫な素材であれば尚更良いです。

デザイン性

色々な機能が備わって、更にオシャレであれば嬉しい限りです。一辺倒なアウトドアスタイルにスパイスの効いたオシャレワンポイントとして使えます。

軽量・コンパクト

とにかく、重くてかさばるものは持って行きたくない!軽くて小さくなるものが最適です。
一体型収納ポーチが付いていたり、ポケット収納やさまざまな形でコンパクトに片付けられ、バッグや車に忍ばせることが出来れば便利です。

代表的な5つの機能ポイントについて、書いてみましたが、あなたが求める機能は見つかりましたか?

どんなシチュエーションで使いたい?

ひと言でキャンプやアウトドアと言っても、行動を共にする仲間たちによっても違いはありますよね。
ということで次に、シチュエーション別に考察してみましょう。

①家族でキャンプ

小さなお子さんは大人に比べて、体が充分に完成しておりません。そのため、気温が低いところで長時間過ごしているときも体温調節がしっかりと出来ていない可能性が高く、「寒い」と訴えてくる前に、防寒対策を施すのが得策です。

②友人とキャンプ

直接肌に着けるものではないので、友人同士でも気軽に貸し借りできます。

③職場の同僚とキャンプ

友人と同様、気軽に貸し借りできますし、仕事も遊びも[デキる]男/女をアピールできるかも知れません。

④おひとり様キャンプ

身ひとつでお手軽キャンプに出掛ける時も、気楽ではあっても、全てを一人でこなさないといけないので、極力荷物は減らしたいものです。コンパクトに運べたら重宝します。

⑤婚活キャンプ

最近の婚活イベントは様々な趣向を凝らしたものが各地で開催されているようです。

同じ趣味を持った者同士が集い合うイベントや、キャンプやレジャー施設などで同じ目的を持った方が語らい合う場としてもおススメなアウトドアイベントとなっているようです。

そんな時こそ、ぬかりない準備を!気の利く行動にも、準備は不可欠です。

といった感じのシチュエーションから、やっぱりキャンプに限らず、お出かけにはコンパクト毛布があると超便利!

そして、小さく畳んでスマートに持ち運びたいものですね。

4.今人気のアイテム7選

求める機能がすべて備わっていれば最高なんですが、これだけはゆずれない!というこだわりを誰しもが持っているはずです。
そこで今回は、アウトドアブランド各社が独自で開発した素材についてや、機能性の違いを商品別に比べて見ていきましょう。

①モンベル(Mont bell)

クリマプラス100プリントODブランケットS
モンベル独自のフリース素材。クリマプラス100という、ストレッチ性に優れており、軽量ながら暖かくアウトドアに適した素材を使用しています。速乾性に優れており、ウォータースポーツ時の保温アイテムとしても重宝します。

使用時:730×1000mm

収納時:200×270×55mm

重量:170g

素材:クリマプラス(R)100(ポリエステル)

付属のカバーを付ければ、クッションとして使うことができます。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/crane/mon-1124580.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsr_title

②イスカ(ISUKA)

エアーダウンブランケット
寝袋・シュラフ専門メーカーのISUKAが自信を持って開発しました。
超軽量・超コンパクト設計で、本体内側のポケットへコンパクト収納できます。
使用時:720×1200mm
収納時:200×200mm
重量:150g
素材:ナイロン100%

https://store.shopping.yahoo.co.jp/naturum-outdoor/468578.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsr_title

③ロスコ(ROTHCO)

 

フリースブランケット
ミリタリーブランド、ロスコ社のフリースブランケットです。大判サイズでとても重宝します。
使用時:1520×2030mm
素材:ポリエステル

https://store.shopping.yahoo.co.jp/revolutjp/3991.html?mode=pc

⑤チャムス(CHUMS)

フリースエルモブランケット
肌触り抜群、もこもこが最高に気持ち良いエルモフリースシリーズのブランケットです。小さく畳んで付属のカラビナで留めることができ、ハンドル付きなので持ち運びも容易。

使用時:800×1100mm
重量:281g
素材:ポリエステル100%
ハンドル付

https://store.shopping.yahoo.co.jp/rebass/2180004588228.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsr_title

⑤コールマン(Coleman)

 

アウトドアリバーシブルブランケット

火の粉に強いコットンツイルと肌触りの優しいフリース素材のリバーシブルブランケットで、アウターにコットンツイルを使用すれば、焚き火の近くで火の粉が飛んできても、穴が開いてしまうという心配もありません。お子様の使用も安心です。サイズ感も、大人の女性の体がすっぽり覆われるくらいのゆったりサイズです。

かわいいチェック柄のフリースは、触り心地も心地抜群で、中綿が入っているのでふわふわ仕立てです。

使用時:1650×1000mm
収納時:φ160×350mm
重量:約1.0kg
素材:コットンツイル ポリエステル
着脱式ハンドル付
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sportsauthority/38802799.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsr_title#ItemInfo

⑥コクーン(cocoon)

インセクトシールド サファリ トラベル ブランケット
防虫効果に加え、クールマックス100%で肌触りがよく、いつでも快適な使い心地。キャンプで使うなら、防虫加工はとても嬉しいです。

虫除け天然成分「ペリメトリン」は人体に無害で無臭で、乳幼児や妊婦の方がでも問題なく使用でき、虫除け効果は70回以上の洗濯をしても持続するそうです。
使用時:1400×1800mm
収納時:パスポートサイズ
重量:320g
素材:ウール コットン
https://store.shopping.yahoo.co.jp/arukikata/10690013.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsr_img

⑦ランプル(Rumpl)

パフィー
本格的なアウトドア用ジャケットや寝袋に使用されていて、引き裂きにも強いリップストップナイロンを使用し、表面には耐久性撥水加工(DWR)が施され、柔軟な肌触りと信じられない程の耐久力、そして見た目の美しさを兼ね備えることに成功したのに加えて、汚れにくく、また臭いや細菌を防ぐ効果を発揮する、至れり尽くせりのブランケットです。

強い素材で、洗濯機や乾燥機もオッケーです。
使用時:1300×1800mm(Throw)
重量:320g〜
素材:ウール コットン
https://store.shopping.yahoo.co.jp/fermart3-store/od2-rmp0007-slbluo.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsr_title

最後のRumpl製パフィーはかなり高価なものですが、値段に見合った品物であるのは確かです。
あなたが求める一枚に出会えたら、嬉しいです。

まとめ

お気に入りの一枚は見つかりましたか?

シチュエーションや現地の天候、出発まで天気予報をワクワクしながら楽しみにしていたキャンプ、寒くて体調を崩すなんて残念過ぎます。
一枚あれば、ちょっとした環境の変化にも対応しやすく安心でき、身体も心も暖まるブランケットはアウトドアの必需品と言って良いでしょう。
各社しのぎを削った開発の後、デザインも機能も、バラエティ豊かにラインナップされていますから、迷ってしまいますね。

とっておきの一枚を手に入れるか、シチュエーション別に、何枚か購入するのもアリかも知れませんよ。

 

おすすめの記事