アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

 

北西の季節風が吹き始め気温、水温が下がり始めると近場の波止や堤防を賑やかにしていたアジ、サバ、イワシなどの回遊魚の回遊もなくなります。
チヌなどは比較的低水温にも強いので狙うことは狙えますが、それとてボウズ覚悟のかなり可能性の低い釣りになります。

こんな時は暖かい部屋の中でゆっくり過ごす?
いえいえ!こんな季節でも釣り人を熱くしてるターゲットがいます。

それが根魚(ロックフィッシュ)です。
近場の波止や堤防で釣ることが可能で、タックルも安価なものでOK、エサ代も安あがりのコスパに優れた釣りです。
おまけに根魚はどれも食味が最高で、釣って帰ってからの食べる楽しみもあります。

今回はそんな近場の真冬のターゲットである根魚の仕掛け、釣り方、タックルなどを紹介していきます。

近場で狙える根魚

出典:釣具のポイント

根魚(ねざかな)とは海底の障害物(根)を棲家にしている魚で、岩礁帯の隙間、テトラポッド、海藻の中、ケーソン(護岸)の隙間などに生息しています。
昼間は棲家の中やその付近を回遊してエサを探しています。
夜になると活動的になり積極的にエサを求めて動き周ります。

昼間は棲家付近をダイレクトに攻める穴釣りや探り釣りで釣るほうが釣れる確立は高くなります。

近場で狙えるターゲットとしてはメバル、ガシラといった20cm前後がメインになる小型の根魚。
クロソイ、アイナメ、アコウといった40cmクラスの可能性もある中型の根魚になります。

⑴ガシラ(カサゴ)

出典:WEB魚図鑑

ほぼ日本全国に生息しており、根魚の中でも1番のターゲットになります。
関東ではカサゴ、九州方面ではアラカブと呼ばれています。
近場で釣れるサイズは25cmまでで船などで深場をつると30cmオーバーが釣れることもあります。

貪欲な性格でエサを見つけるとすぐ食いつくので、釣りやすい魚です。
エサは虫エサ、魚の切り身、活きエビ、オキアミなどなんでも食べます。
釣り方は穴釣り、探り釣り、投げ釣り、ルアーなどで釣ることが出来ます。

⑵メバル

出典:WEB魚図鑑

メバルは大きな目が特徴の人気者で、北海道から九州にかけて広く分布しています。
体長は30cm以上にまで成長し、30cmを超えるものは「尺メバル」といわれていますが、滅多にお目にかかれません。
近場で釣れるサイズは25cmくらいまでが中心です。

警戒心が高く、視力も良いので昼間は釣れても小型が中心で、型の良い物は夜釣りで狙うほうが可能性が高くなります。
中層まで浮いてくることも多いのでウキ釣りでも狙いやすい魚です。

エサは虫エサ、活きエビが良く、オキアミや魚の切り身などの死んでいるエサはあまり食わないようです。
釣り方は穴釣り、探り釣り、ウキ釣り、ルアーなどで主に狙います。

⑶アイナメ

出典:WEB魚図鑑

上品な白身のアイナメは高級魚として有名です。
北海道から中四国までに分布し、九州方面では生息数は少ないと思われます。
近場からのターゲットとなるサイズは30cm〜40cmまでになります。
低水温を好み、一年を通して水温が低い北海道や東北では50cmを超える大型も珍しくはありません。

関東以西では晩秋から初冬にかけて産卵準備の為接岸します。
産卵後は水温の安定した沖の深場に戻るので、関東以西の本州では冬だけのターゲットといえます。

産卵前の時期と沖の深場に落ちる前は荒食いをしますので食い気があれば比較的簡単に釣れますが、ガシラやメバルに比べると個体数が少ないので数を釣るのはなかなか難しい魚です。

エサは虫エサ、活きエビを好みます。
釣り方は穴釣り、探り釣り、ウキ釣り、投げ釣りなどで釣ることが出来ます。
比較的海底付近に生息し、あまり浮いてくる魚ではないので、投げ釣りで狙うアングラーが多い魚です。

⑷クロソイ

出典:WEB魚図鑑

クロソイの適水温は13度〜14度と言われておりアイナメ同様に低水温を好みます。
北海道以南の本州沿岸に生息していますが、北海道や東北地方が魚影も濃く大型の実績も高くなります。
ターゲットとなるサイズは30cm前後ですが、北海道や東北では50cmオーバーも狙うことが出来ます。

2月〜3月頃には産卵を控えて荒食いをするので良型が釣りやすくなります。
他の根魚同様にクロソイも夜のほうが活発にエサを食うために活動するので夜釣りに分があります。

エサは虫エサや活エビを好みますが、大型になればなるほど魚食性が高まってくるので、キビナゴなどをエサにすれば大型も狙えます。
釣り方は穴釣り、探り釣り、ウキ釣り、ルアーなどで狙えます。

⑸アコウ(キジハタ)

出典:WEB魚図鑑

アコウも根魚としては人気の魚種ですが、低水温には弱く、残念ながら今回のタイトルの真冬のターゲットからは外れます。 近場から狙える時期は初夏〜秋になります。
全長は60cmくらいまで成長します。
近場の波止や磯からは30cmから40cmくらいのものが主なターゲットになります。

エサは虫エサ、活エビ、魚の切り身などで狙います。
大型になるほど魚食性が強く、のませ釣りなどでヒラメや青物を狙っている時に大型のアコウが食いつくこともよくあります。

穴釣りで狙う

根魚を狙う方法としてはオーソドックスな釣り方で尚且つ確率の高い釣り方です。
基本的にはテトラポッドの隙間の穴をどんどん移動しながら釣ります。

⑴タックル&仕掛け

竿は1.5m前後のもので先調子で胴のしっかりしたものが適しています。
穴の中を直接釣るのであまり柔らかい竿だとより狭い穴の中に逃げ込まれるので、アタリがあれば一気に抜き上げられる程度の胴の強さが欲しいところです。

リールはスピニングでもベイトリールでも使い慣れたもので構いません。
飛距離を飛ばす訳でもないのでスピニングリールなら2000番前後のものが竿とのバランスが取れていると思います。

リールにはナイロンの3号〜4号を50mも巻けば十分です。

仕掛けはシンプルに道糸にオモリが3号〜5号程度のブラクリ仕掛けを付けます。
自作するなら道糸にナツメ型オモリの5号前後を結び、5cm程度の短いハリス3号にチヌバリの3号を結びます。

⑵釣り方

釣り方は適当なテトラポッドの穴を見つけたら、ゆっくりと仕掛けを張りながら落とし込んでいきます。
食い気のある魚がいると落とし込んでいる最中にガツガツとアタってきます。

一つの穴に何匹が潜んでいることもあるので、なるべく上の層から順に釣っていくようにしたほうが数が釣れます。
竿を水平かやや下向きに構えて、仕掛けを50cm沈めてしばらく待ちます。
アタリがなければもう50cm沈めてしばらく待つを繰り返しながら仕掛けが穴の1番底に着くまで探ります。

テトラポッドの穴は底に向かって一直線ではなく海中で複雑に入り組んでいます。
仕掛けを落としていき、一度オモリが定着しても再度仕掛けを持ち上げ、竿先を20cm〜30cm横移動して再び仕掛けを落とすと先程より深く仕掛けが落ちていくことがあるので、その穴の最深部まで探ります。

水深の浅い穴より水深の深い穴のほうが魚が潜んでいる可能性は高いです。
また一度釣れた穴は、時間が経過するとまた新たに魚が入っている可能性があるので、時間を空けて再度攻めてみるのも忘れないようにしましょう。

アタリはほとんど「ググッ」と手元に伝わってきますので、竿を立ててアワセたら間髪入れずにリールをゴリ巻きします。
大物になれば最初の突っ込みが強いので横穴に入り込まれないように一気に浮かせてください。

もし、横穴に入り込まれて根掛かりしたようになった場合はしばらく道糸を緩めて待っていると出でくる場合もあります。

⑶穴釣り用タックルの紹介

穴釣りに使えるロッドはこちら。

PRO TRUST(プロトラスト) PRESTATE さぐり一徹 150

スピニングリールはこちらがおすすめ。

ダイワ(Daiwa) 17 ワールドスピンCF 2000

ベイトリールはこちら。

ダイワ(Daiwa) 穴釣り ベイトリール スーパーコロネット ST-5RL

ブラクリ仕掛けはこちら。

ささめ針 ブラクリ VE803 (1〜4号)

仕掛けを自作するなら際のナツメ型オモリはこちら。

第一精工 クッションゴム内蔵 ゴム管オモリ 長型5号

探り釣りで狙う

出典:釣具のポイント

テトラポッドがない堤防や磯からは探り釣りで狙います。
垂直な護岸や波止は壁面ギリギリを落とし込んでいったり、竿下や少し投げて捨て石の上やカケ上がりに潜んでいる根魚を狙います。

⑴仕掛け

竿は磯竿なら4.5m〜5.3mの2号クラス、ルアーロッドなら8フィート〜9フィート前後のM〜MHクラスのもので良いでしょう。

リールは少し投げることも考えると、スピニングリールの2000番〜2500番クラスのものが扱いやすいでしょう。

道糸はナイロンなら3号〜4号、PEラインなら1号前後を50mほどリールに巻いておきます。

仕掛けは道糸に中通しオモリの3号〜8号を通し、その下にサルカンを結んでハリス2号〜3号30cmにチヌバリ2号〜3号を結んだ中通しの1本バリ仕掛け。
もしくは道糸にサルカンを結び、サルカンの下は先オモリ式の胴突き仕掛けを付ける方法の2種類があります。
胴突き仕掛けは幹糸が3号〜4号を1m前後、エダスは2号〜3号10cmを30cmおきに2本ないしは3本出します。
オモリは6角オモリの5号〜8号を結びます。

⑵釣り方

釣り方は護岸の壁際を釣る場合は海に対して竿を斜めに出し、仕掛けを護岸の壁際がら20cm程度離したままゆっくりと落とし込んでいきます。
食い気のある魚がいる場合は中層でもアタってきます。

時々仕掛けを止めながら、ゆっくりと底まで落としていきます。
オモリが定着したら中通し仕掛けの場合はハリスの長さ分、胴突き仕掛けの場合はオモリが底を少し切る程度のところで待ちます。
時々ゆっくり誘い上げたりします。

竿下を釣る場合も壁際同様の攻め方で構いませんが、壁際よりは中層でのアタリは少ないので底を中心に狙います。

ちょい投げで釣る場合は護岸の基礎になっている捨て石のカケ上がりを狙います。
10m前後投げて、オモリが定着したら道糸を少し張りながら待ちます。
仕掛けを移動させる時は底を引きづると根掛かりしますので、軽く竿を煽って一旦オモリを底がら浮かせて、再度定着したら再び道糸を少し張りながら待ちます。

ちょい投げの探り釣りだと捨て石の切れ目が砂底の場合はカレイなども良く釣れます。

⑶探り釣り用タックル

探り釣りに最適な磯竿はこちら。

万能振出磯竿 ロッド・釣竿 ソルティーフォース磯2-500 5本継カーボンロッド 鉛負荷1?5号 プロマリン

ルアーロッドを流用するならシーバスロッドがおすすめ。

メジャークラフト クロステージ シーバスモデル CRX−962M

リールはこちらがおすすめ。

ダイワ(DAIWA) 15レブロス 2500

胴突き仕掛けはこちら。

ハヤブサ チダイ五目 胴突3本鈎 2セット入

先オモリに使う6角オモリはこちら

六角オモリ 5号

根魚は身近に潜む高級食材!

出典:釣具のポイント

根魚釣りは年中楽しめる釣りですが、釣り物が少なくなる冬場に近場の波止などで楽しめる数少ない釣りです。

低コストで釣れて、食べても美味しい冬の根魚。
是非、この冬は近くの海に繰り出して根魚釣りにチャレンジしてみてください。

それでは、Enjoy your fishing life !

おすすめの記事