海中転落時の生存率や死亡率を改善させるため、国土交通省では平成30年2月に関係法令を改正し、ライフジャケット着用を義務化しましたが、陸からの釣りでは着用の義務はなく未着用で釣りをされている方を多く見かけます。

特に港の中などで家族で釣りに来ている方々は、大人や子供も含めてそのほとんどがライフジャケットを着用していません。

沖での船釣りや地磯などで釣りをするのとは違い、港の中であれば足場も良く防波堤があることによって、海が荒れている時を除いては高波の心配もほとんどなく、安心して釣りを楽しむことが出来ますが、落水の危険がないわけではありません。

特に子供がライフジャケットを着用せずに落水してしまった場合は、大人に比べて体力がなく浮いていられる時間も少ないため、命の危険は大人よりも格段に高くなります。

そこで今回は、子供におすすめのライフジャケットの紹介と合わせて、選び方や注意してほしいこと、そして子供と楽しめる釣り方についてご紹介していきたいと思います。

まずはライフジャケットの重要性を理解しておこう

出典:国土交通省

国土交通省の調べによりますと、ライフジャケットの着用時と未着用時とでは生存率に大きな差があり、その差はおよそ2倍以上と生存率に大きな開きがあります。

この生存率と死亡率は、大人と子供合わせた数字になっており、子供だけで見ると生存率は低く、死亡率は高くなるでしょう。

上記した図を見ると着用していたのに亡くなる方も結構いるんだと感じる方もいるかと思いますが、亡くなった方々がしっかりとしたライフジャケットの基準や規格のものを使用していたかどうか分からず、選び方や使い方が正しかったのかも分かりません。

しかし、しっかりとした規格や基準のものを使っていたり、選び方や使用方法が合っていれば生存率はもっと高くなるのではないでしょうか。

少しでも生存率を上げるために、ライフジャケットの規格や基準をしっかりと把握し、使い方や選び方を理解してライフジャケットを購入しましょう。

子供用ライフジャケットの選び方は4つのポイントを抑えよう!

ここでは、子供用ライフジャケットの選び方について、いくつかご紹介していきたいと思います。

①タイプで選ぶ

ライフジャケットにはタイプがあり、浮力材を使用したベストタイプのものや、膨張式と呼ばれる落水時にガスを充てんさせて浮輪を膨らませて浮力を得るタイプのものがあり、膨張式には手動式と自動膨張式があります。

この中から子供に最も適したライフジャケットは、浮力材を使用したタイプのものです。

万が一子供が落水してしまった場合は、パニックになってしまい何も出来ない可能性があるので、浮力材入りのライフジャケットであれば、何もせずに浮いていることが出来るのでおすすめです。

膨張式タイプのものは船での使用には適していますが岩や貝の殻などがある場所では、当たった時に破れてしまう可能性があるので、特に子供の使用にはおすすめ出来ません。

②規格・基準に合ったライフジャケットを選ぶ

国土交通省では小児用ライフジャケットに、次のような小児の体重毎に合わせた浮力をの基準を設定しています。

●体重40kg以上 浮力7.5kg以上

●体重15kg以上40kg未満 浮力5kg以上

●体重15kg未満 浮力4kg以上

上記した通り子供用ライフジャケットには使用者の体重に合わせて、規格が決まっているのでその規格に合わせてライフジャケットを購入しましょう。

③大きめの物は選ばない

子供のものを購入する時にやってしまいがちなことですが、来年も着用することが出来るように、大き目のサイズの物を購入してしまうことが良くありますが、ライフジャケットにおいては非常に危険な購入の仕方になります。

大き目のサイズのライフジャケットは、着用した時に隙間が出来てしまい、万が一落水してしまった場合にその衝撃で脱げてしまう可能性があるのです。

そのようなことを防ぐためにも子供の体格に合ったベストサイズのものを選び、着用させた後に脱げてしまわないかしっかりと確認しておきましょう。

④股下のベルトは必須

ベストタイプのライフジャケットは大人用、子供用どちらでも股下に脱げてしまうことを、防止するためのベルトが付いているものが必要になります。

このベルトが付いていないと、落水時に体からすっぽ抜けてしまい大変危険です。

ライフジャケットを選ぶ際には、股下ベルトが付いているものをしっかりと確認して選ぶようにしましょう。

おすすめ子供用ライフジャケット5選

ここでは、子供用ライフジャケットとしておすすめなベストタイプものの中から、特におすすめできる商品を5つご紹介していきたいと思います。

①FINE JAPAN(ファインジャパン) FV-6116 Jr

股下ベルト付きで、落水時のすっぽ抜けの心配がなく安心して使用することが出来て、万が一落水した時に引き上げられるように背中に取っ手が装備されています。

サイズによって浮力に差があるので、使用される子供の体重に合わせて適したものを選びましょう

FINE JAPAN(ファインジャパン) FV-6116 Jr ジュニアフローティングベスト(笛付き)

②高階救命器具 ブルーストーム  BSJ-210C 小児用

釣り・マリンレジャー・キャンプや川遊びなど、用途を選ばず多くの場所で使えるタイプのライフジャケットです。

男の子、女の子どちらでも使えるようにデザインされていて、初期浮力約6.7kg で推奨身長 が 100cm〜120cm、推奨体重 は15kg〜25kgまでとなっています。

高階救命器具 ブルーストーム BSJ-210C 小児用

③高階救命器具 ブルーストーム BSJ-210I 幼児用 SHARK ライフジャケット

主に幼児向けにデザインされたライフジャケットです。

ライフジャケットを着用することを嫌がる子供に、スムーズに着てもらえるように頭の後ろ部分がサメになっています。

初期浮力が約6.0kgで推奨身長は80cm〜100cm、推奨体重が10kg〜15kg未満となっており、幼児から小学部の低学年まで使用することが出来ます。

BLUESTORM 幼児用ライフジャケット BSJ-210I 国交省認定品TYPE-F 検定品 桜マーク付

④幼児用ライフジャケット BSJ-210I(S)テントウ 桜マーク付

国土交通省認定モデルのライフジャケットで、うつ伏せで落水した時でも反転して浮いてくれる、安心の性能をそなえていて、子供におすすめのライフジャケットです。

初期浮力は約6.0kgで推奨身長が80cm〜100cm、推奨体重は10kg〜15kg未満となっています。

BLUESTORM 幼児用ライフジャケット BSJ-210I(S) テントウ  高階救命器具 小型船舶用救命胴衣 国交省認定品TYPE-F 検定品 桜マーク付

⑤子供用 ライフジャケット オーシャンJr-1M型

国土交通省認定の桜マーク付きのライフジャケットで、すっぽ抜け防止の股下ベルトや引き上げるときに掴めるように、背中に取っ手が付いています。

初期浮力は5.4㎏、身長130cm〜150cm、適応年齢が9歳〜11歳で、適応体重は40kg未満となっています。

子供用 ライフジャケット オーシャンJr-1M型イエロー 新基準 船舶検査対応 国交省認定品 タイプA 検定品 桜マーク付

■桜マークって何?という方はこちらも合わせて読みましょう!

子供と釣りをする時に保護者に注意してほしいこと

ここでは、子供と釣りを楽しむ際に注意してほしいことについて、いくつかご紹介していきたいと思います。

海に背を向かせない

港にしても堤防で釣りをするにしても、岸壁に手すりはついていません。

そんな場所で海に背を向けていると、どこまで足場があるかわからず足を踏み外してしまい、落下してしまう危険が高くなります。

海で釣りをする時には、子供が海に背を向けないように注意しておきましょう。

目を離さない

子供の水難事故はほんの少し目を離した隙に起こることが多いと言われており、できるだけ子供から目を離さないことが重要になります。

エサの付け替えや、仕掛けの付け替えなど子供と釣りに行った場合はしなければならないことが多いため、目を離さないということは不可能に近いと言えるでしょう。

なので、子供と釣りをする時はなるべく目を離さないよう心掛け、万が一を考えてライフジャケットを必ず着用させておきましょう。

ドラグは子供に合わせた設定を

釣りではどんな魚がかかるのか分からず、不意に大型の魚がかかってしまった場合などは、子供の力では対応できずバランス崩してしまい、足を踏み外して落水してしまう危険があります。

そんな時のために子供に竿を持たせる場合は、子供の力に合った緩めのドラグ設定をしておき、親が支えるなどのフォローをしてからドラグを締め直して、やり取りをさせてあげましょう。

子供と釣りに行くなら場所選びも重要

幼い子供と釣りに行くなら、連れていく場所や釣り方についても考えておく必要があるでしょう。

そこでここでは、比較的安全で子供と楽しめる釣り方や場所について、いくつかご紹介していきたいと思います。

港でサビキ釣り

港の中で行うサビキ釣りは、家族で釣りをする際の定番の釣り方で、子供でも安全に楽しむことが出来る釣りです。

仕掛けもサビキ釣りセットとして売られているものが多く、竿とリールまでセットになっているものもあるので、簡単に始めることが出来ます。

エサによって魚が集まりだせば、入れ食いになるので子供が一番楽しめる釣り方ではないでしょうか。

■サビキ釣りの詳しい内容はこちら

港で泳がせ釣り

子供に強い引きを味合わせたいのであればこの釣り方がおすすめで、上記したサビキ釣りで釣れた小型のアジなどを、生きたまま針にかけて泳がせ大型の魚を狙う方法です。

こちらも泳がせ釣りや、のませ釣りとして仕掛けがセットで販売されているので簡単にそろえることが出来ますが、子供に竿を持たせるのであれば、ドラグを緩めに設定しておきましょう。

■泳がせ釣りの詳しい内容はこちら

テトラで穴釣り

テトラ釣りは大人にも人気の高い釣り方ですが、子供もすることが出来ます。

子供がする場合はテトラに乗る必要はなく、テトラと堤防の際を狙って仕掛けを落とします。

テトラ釣りではカサゴなどの根魚をエサで狙いますが、比較的簡単に釣れる上に引きも強いことから、子供も十分に楽しめるでしょう。

仕掛けもブラクリと言われる重りと針がセットになっているものがあるため、根がかりしやすく仕掛けをロストしやすい釣り方ですが、仕掛けの交換も簡単です。

子供だけではなく、必ず大人もライフジャケットを着用する

ここまで子供用ライフジャケットについて、基準や注意点などについてご紹介してきましたが、釣り場では大人もライフジャケットを着用することが望ましく、家族全員の命を守ることにつながります。

子供がライフジャケットを着用した状態でも落水した場合、親は助けようと水の中に飛び込むと思いますが、そんな時に親がライフジャケットを着用していなかったらどうなるでしょうか。

子供はライフジャケットを着用しているため、自分が浮いているだけの浮力は確保できていますが、着用していない親はそうではなく、着衣のままでは泳ぐこともましてや浮いていることすら困難で、助けるつもりだったはずが助けられる側になってしまことも考えられます。

そのようなことを防ぐためにも釣り場では、大人も子供もライフジャケットを着用して、安全に釣りを楽しみましょう。

おすすめの記事