多くの魚種や陸からでは釣ることのできないような大型の魚を狙うことが出来る船釣りですが、船釣りにおいて船酔いは切っても切れない存在で、乗り物酔いの中で一番つらいと言っても過言ではないでしょう。

船釣用のタックルをそろえ、船釣りを始めようと考えていた方も初めての船釣りで酔ってしまい、そのつらさから船釣り自体をあきらめてしまう方も少なくはありません。

実際に船酔いしてしまうと車などで酔うのとはわけが違い、辛くなっても車のように止まって酔いを緩和することは難しく、時間が来て帰港するまでは船から降りることもできず、長い時間酔った状態が続き釣りを楽しむことはできません。

そこで今回は、船酔いしてしまった時の対処方法や、事前に行える効果的な船酔い対策をご紹介していきたいと思います。

★船釣り初心者さんはこの記事もチェック!

船酔いは慣れることで克服できる!

出典:シマノ公式

船釣り初心者の方で船に酔ってしまう方は非常に多く、その辛さから船釣りを諦めてしまう方も多くいますが、船に何度か乗船しているうちに酔いにくくなり克服できる方も多くいます。

船での釣りは波によって不規則に揺られ、平衡感覚が狂わされることによって発症すると言われていますが、何度かその揺れを経験することで体が船の揺れに慣れ、酔いにくくなると言われています。

船舶関係の仕事についている方も最初は酔っていたが、最近は酔うことも少なくなり軽く酔うだけで済むようになったと言う話を良く聞きます。

しかし、仕事として船に乗っている方々と違い、プライベートで乗っている方々にとっての船酔いは、耐えられないほどに辛く、自分で乗る乗らないが決められる釣りでは、慣れるまで我慢して乗り続けられる方は少ないです。

だからこそ船酔いをしてしまった時の対処方法や、事前の船酔い対策が非常に重要になってくるので、酔ってしまった時はどうすればよいのか、酔わないためにはどうしたらいいのかをしっかりと把握しておきましょう。

酔ってしまった時の効果的な対処方法は?

船酔いしてしまうと釣りどころではなくなり、全く楽しむことは出来ません。

そこでここでは、船に酔ってしまった時のために効果的な対処方法についてご紹介したいと思います。

酔ってからでも効く酔い止め薬を服用する

船に酔ってしまった時は、酔ってしまってからでも効く酔い止め薬を服用すると、船酔いを緩和することが出来ます。

個人差によって効果に違いがありますが、完全に酔ってしまった状態からでは中々効かないこともあるので、気分が悪くなりそうだと感じたら早めに服用するようにしておきましょう。

酔ってからでも効く酔い止め薬はこちら

 

 

近くを見ずに遠くを見る

船酔いしている時に、手元を見たり下を向いたりするとさらに船酔いしてしまうので、気分が悪くなってしまったらなるべく目線を遠くに向けることを心がけましょう。

エサを付け替えるときも、ルアーや仕掛けを交換するときも、出来るだけ目線を高くして下を向かないように、目の高さまで仕掛けを持ち上げて交換しましょう。

頭が揺れないように横になる

船酔いしている時に頭が揺れてしまう状態だと、酔いはひどくなってしまいます。

なので、頭が動かないように横になり締め付けている衣服を緩め、最初に紹介した酔ってからでも効く酔い止め薬を服用し、回復してくるまで体を休めましょう。

横になった時に少しでも仮眠をとることが出来れば、劇的に回復することがあるので出来るだけ睡眠を取ることを意識して横になりましょう。

血糖値を上げる食べ物を取る

血糖値を上げる食べ物を取ることで脳を目覚めさせ、酔いにくくなったり船酔いを緩和してくれる効果が期待できます。

食べ物はアメやチョコレート、ミントガムなどがおすすめで、噛むことによる覚醒効果で船酔いの予防になると言われています。

食べ物を取る際は固形物をあまり多く取ってしまうと、逆に気持ちが悪くなることがあるので気を付けましょう。

ツボを刺激して船酔いを緩和する

手首の内側にある内関と言われるツボが乗り物酔いに効くとされているので、気分が悪くなりそうだなと感じた時は早めにツボを刺激して船酔いを緩和しましょう。

ツボの位置は手首の内側で手のひらの付け根から、指三本分行ったところの中心部にあります。

この位置にあるツボを刺激してくれるリストバンドが販売されているので、船酔いが不安な方は酔う前から身につけて酔い止めに役立てましょう。

 

事前の船酔い対策は万全にしておこう

出典:シマノ公式

船釣りでは酔ってしまった時の対処方法も重要になりますが、何よりも酔わないための事前対策が非常に重要になります。

そこでここでは、酔わないために事前に行っておきたい船酔い対策についてご紹介していきたいと思います。

効果的な船酔い薬の服用の仕方

販売元が紹介している服用の仕方ではありませんが、漁師さんや遊漁船の船長さんがおすすめしている服用の仕方で、乗船する前日の就寝前に酔い止め薬を服用し、当日の乗船する30分前に通常通り服用する方法です。

2回服用することになりますが、船釣り初心者の方で船酔いしてしまう方は、この方法で酔いにくくなったという話を良く聞きます。

しかし、薬の服用には決められた時間を開ける必要があるので、説明書きをしっかりと読んで服用するようにしましょう。

睡眠不足は船酔いの原因に

睡眠不足は船酔いに関係ないと思っている方もいると思いますが、睡眠不足は船酔いしてしまう大きな原因で、普段船酔いしない方も睡眠が足りていないと船酔いしてしまうことがあり、特に船酔いしてしまう方にとって睡眠時間は重要な時間になります。

船釣りをする前日は、早めに就寝してしっかりと睡眠を取り体調を整えておきましょう。

食事は必ず取り消化にいいものを

船酔いは空腹時でも満腹時でも酔いやすくなると言われているので、乗船前に腹八分を目安に食事を済ませておきましょう。

食事をとる際には油っぽいものは避け、卵や乳製品、柑橘類のなどの消化に悪いものも出来るだけ取らない方が、船酔い対策には効果的なので食事をする際には覚えておき、消化にいいものを取るように心がけましょう。

船酔いしてしまった時の船上でのマナー

船酔いは多くの方が経験し、酔ってしまった時のつらさが分かるので、吐いてしまったとしても気にする必要はありませんが、最低限のマナーとして吐きそうになったら船の外に身を乗り出して、船外に吐くようにしましょう。

また、エサ釣りなどの場合はアンカーを落とし船を固定して釣りをしますが、アンカーを落とすと船が潮の流れに船首を向けて固定されます。

この時に船の前の方で釣りをしている方がその場で吐いてしまうと、潮の流れに乗って吐しゃ物が人の目に触れてしまいます。

船酔いがつらいものだと分かってはいても、吐いてしまったものを見てしまうとあまりいい気分ではありませんよね。

船酔いして吐いてしまうことは仕方にないことですが、最低限のマナーとして船の中に吐かないこと、そして出来るだけ船の後方で他の人に見えないように吐くことを心掛けておきましょう。

船酔いを克服して船釣を楽しもう

現在船釣りを始めたばかりの方で船酔いに悩んでいる方は、自分には船釣りは無理なのではないかと思い、心が折れそうになっているのではないでしょうか。

その気持ちは痛いほど良く分かりますが、多くの方々がそれを繰り返しながら船酔いを克服し、船釣りを楽しんでいます。

船酔いは慣れと予防策、そして酔ってしまった時の対応策をしっかりとすることで、釣りが好きならきっと乗り越えることが出来るはずです。

船酔いを克服して陸からでは釣ることのできない魚種や、見たことのないような巨大魚を釣り上げましょう。

★船釣り初心者さんはこの記事もチェック!

おすすめの記事