自然界には多くの“ゆらぎ”が存在します。
私たち自身の心臓の音、波の音、小鳥のさえずり、雨音、そしてろうそくの炎の揺れ、いずれも一定のリズムが規則的にあるようで、実は予測が難しい不規則な“ゆらぎ”があります。

それが「1/fゆらぎ」なのです。

「1/fゆらぎ」(エフぶんのいちゆらぎ)とは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例する“ゆらぎ”のこと。

ただし、fは0より大きい、有限な範囲をとるものとする。
出典:Wikipedia

出典:hinata

 

「1/fゆらぎ」は、歌声や音楽そのもので注目され有名になりましたが、耳から感じ取るだけではなく、視覚(目)からも心地良い“ゆらぎ”を感じ、癒し効果を得ることができます。
それは、“炎”によるものです。
他に、蝶々がひらひらと飛ぶ動きやホタルの光る様子など、自然界の美しいものにはたくさん「1/fゆらぎ」が潜んでいます。

「ロウソクの火がゆらゆらと…」という言いまわしは、そこに“ゆらぎ”があるという昔の日本人ならではの言葉選び(言葉遊び?)があったのかも知れません。

私たちは、本能で

“ゆらぎ”を、

“癒し”を、

求めているのでしょうか。

たくさんのアウトドアメーカーから、様々なランタンが発売されておりますが、今回は、炎のゆらめきでリラックスでき、

オシャレ度もアップしてくれる、コールマンのガスランタン、ルミエールランタンをご紹介いたします。

心をゆらめきさせる

炎をただただ眺めているだけでも“癒し”の効果は絶大です。
以前、ノルウェーの公共放送にて。

12時間にも及ぶ「暖炉での焚き火」をする様子が放送され、ゴールデンタイムで20%もの視聴率を記録したことがあります!視聴者からは「癒された」と反響も大きく、

もともと暖炉や薪ストーブが日常的な国の特色がありましたが、本能的に“癒し”を求めて視聴されたのかも知れません。

また、日本人俳優さんもテレビで言っていました。

【抜粋】
『炎には不思議な作用があると、僕は思うんだよ。炎を見つめていると、「時が止まる」っていうのかな、永遠の空間がそこに広がっているような錯角を覚えることがあるんだよね。』
この方も炎に魅了された方の1人なのでしょうね。
その瞬間、「時が止まる」。
心が浄化されるというか、癒された瞬間のような気がします。

現代のストレス社会から生まれた現代を象徴するブームの1つとして、“癒し”ブームは衰退することなく、進化の一途をたどっています。
世の中に溢れる“癒し”の中で、自然に癒されることが単純に心地よく受け入れられるリラクゼーションの方法だと思うんです。
リラクゼーションの方法も、人それぞれです。

炎で癒されるなら、ロウソクでも良いのですが、野外では難しいことが多いので、ルミエールランタンの控えめで柔らかな炎が最善であると言えませんか?
是非、みなさんにも試していただきたいのです。

落ち着く理由とは?

キャンプの定義とは、
「野外で一時的な生活を行うこと」です。

我々、現代人は、より快適に過ごすために改善し、進化させてきた集大成である現代の文明を排除して、わざわざライフラインを途絶えさせた環境に自らを置き、本来、人間が行なっていた原始的な生活を敢えて実践するために、キャンプをしているのです。

実際、キャンプをする時に、毎回そのような意気込みで臨んでいるわけでもありませんが、心のどこかには「敢えての不便」を求めているのかも知れません。

しかしながら、それが毎日では駄目なんです。たまに味わうからこその有り難みを感じる事が出来るんです。

勝手な言い草ですが…(^_^;)

キャンプサイトを明るく照らすランタンとは別に、テーブル周りだけでもほのかに照らすランタンがあると、また違う雰囲気で良いのです。

特別な日に、特別なシチュエーションで心を休めようとしているのでしょうか。
非日常の世界でしか体験できない休息の時間に、“癒し”をプレゼントしてくれるルミエールランタンの優しい炎。
炎のゆらめきは、人の心のゆらめきと共鳴し、最高の“癒し”となるのです。

出典:hinata

 

スタイルの違いを楽しめます

コールマンのルミエールランタンには、ノーマルタイプとモンロとのコラボ商品であるインディゴレーベルの2種類があります。
火力や仕様に違いはありませんが、インディゴレーベルは数千円お高く、グローブにはモンロらしいボヘミアンな模様が施されています。お値段を関係なく比較しても、好みの違いが決定項でしょう。

◆ コールマン ランタン ルミエールランタン

揺らす炎で優しく照らす、マントル不要のキャンドル風ガスランタンです。「マントルがいらない」というのは、手間が省けて楽チンですよね♪
ガス供給レバーと、炎調整レバーがあるので、操作は簡単です。
〈仕様〉
燃焼時間:約28~38時間(230g缶使用時)
本体サイズ:約φ7.3×6×18.3(h)cm
重量:約210g
付属品:プラスチックケース
使用グローブ:Model 205602
※LPガスは別売りです。

◆LPガス缶 小

Coleman コールマン 純正LPガス燃料[Tタイプ]230g

◆ LPガス缶 大

Coleman コールマン 純正イソブタンガス [Tタイプ]470g

万が一、グローブが破損した場合には、安心してください。グローブのみの販売もされています。

◆グローブ ルミエール

適合製品:ルミエールランタン 約φ6×15mm
品番:205602
商品名:グローブルミエール
メーカー希望小売価格:¥2,592(税込)

そして、ガス缶にカバーが装着できるのも魅力的です!
LPガス缶は無機質で無骨な感じがします。男性なら、それがカッコいい!ともなるのでしょうが、キャンプ女子って、アウトドアでのオシャレを楽しみにしてる方もたくさんいらっしゃいます。
そんな意識高い系オシャレキャンパーに朗報!
色んなガス缶カバーがあるんです。
私的に可愛い!オシャレ!と思ったカバーを紹介します。

◆ミカン オリジナルホーローガス缶カバー 小

ブランド:Mikan ミカン
商品名:オリジナル ホーローガス缶カバー 小
サイズ:直径 約11cm × 高さ 約8cm
カラー:グリーン、ペールクリーム、ダークグリーン、霜降りブルー、ハイグロス
価格:¥4,536 (税込)
詳細:ODガス缶250用のカバーです。
ホーロー加工されています。

◆ GRANDZERO OD缶/ガス缶カバー(コールマン230Tなど)

ブランド:GRANDZERO
カラー:キャメル、ボルドー、キャメル×ボルドー、ボルドー×キャメル
価格:¥10,584(税込)
詳細:完全手縫いにて仕上げております。
栃木レザーさんと開発させていただいた「GRANDZEROオリジナルレザー」にもうひと手間加えた特別仕様の素材を使用しています。通常よりも多めのオイルを入れた革の表面を革の質感を全く損なわないたんぱく質で保護。そのため、多少の撥水性があります。(使用頻度、使用環境、年月によって撥水性能は下がります)

リラクゼーションとオシャレを両手に♪

ルミエールランタンは緩やかで暖かみのある柔らかい光です。

自宅でも、アウトドアでも、食事の時には、明るい光が必要になりますが、食後、ルミエールランタンの控えめで柔らかな光の中、お酒を飲んだり、リラックスした空間を演出できるのです。
焚き火とセットで用意できれば、“癒し”の準備は万全です。

今の時代だからこそ、レトロなグローブがとてもオシャレに感じます。
ノーマルタイプのグローブは、独特な形はインディゴと共通で、ガラスが少しあめ色をしているんです。

全体の暖かみは、炎だけでなく、グローブの色味でも助長してくれているのです。

今回ご紹介したコールマン ルミエールランタンは、大人の時間に、リラクゼーション効果とオシャレ度がアップして、SNS映えしちゃうこと間違いないですね♪

おすすめの記事