春も後半に入る頃になると、投げ釣りファンが待ちに待ったキスの投げ釣りの季節到来です。

釣具メーカー主催のキス釣りトーナメントなども盛んです。

夏場の代表的な対象魚、キスの投げ釣りの魅力と釣り方、おすすめのタックルなどを紹介します。

是非、参考にしてください。

キスってどんな魚?

⑴キスの生態

投げ釣りで狙うキスとは、正式にはシロギスのことを言います。

沿岸部の砂底に生息し、海水温が上昇する春から初夏にかけて浅瀬に接岸します。

砂底の海底近くを群れで行動しています。

外敵が来たり、夜間は砂に潜ると言われていますが、夜釣りで良型のキスが数釣れることもあり、正確な生態は不明です。

普段は海底から10センチ〜20センチ上を泳ぎながら、ゴカイ類や小型のエビやカニなどの甲殻類を捕食しています。

⑵キスの釣期

キスはほぼ一年中釣ることは出来ます。

海水温の低い冬場は越冬ギスといって、深場に移動しているキスを船釣りなどで狙うこともあります。

岸から投げ釣りで狙えるのは3月から11月くらいまでです。

3月〜4月に海水温の高い南の方から釣れ始め、徐々に北上し、沿岸で産卵します。

6月〜7月には最盛期を迎え、数釣りができます。

9月以降は産卵を終え、海水温が下がって深場に移動する前に、岸近くで荒食いします。

この時期のキスは落ちギスといって、型数とも期待出来ます。

遠投もできる!投げ釣りのおすすめタックル

⑴投げ竿は振り出しがおすすめ

キスは群れで移動しているので、その日によってどこで釣れるか分かりません。

なるべく広範囲をカバー出来るように遠投が出来る投げ竿が良いでしょう。

基本は竿は手持ちで、ポイントを歩いて移動しながら釣ることが多いので、持ち重りのしない振り出しタイプがおすすめです。

汎用性のあるお買い得なタイプ2品はこちら。

シマノ 17 ホリデースピン 405EXT (投げ竿)

 

超遠投も可能な上級モデル2品はこちら。

shimanoサーフチェイサー〈振出〉425CX-T/405BX-T
ダイワ ロッド 15 EXTRA SURF T (エクストラサーフT) 27号−405・K

⑵リールは中〜大型の投げ専リール

キスは群れで移動しています。

意外と足元で釣れることもあれば、超遠投じゃないと釣れないこともあります。

リールは広い範囲を狙えるように遠投が出来るものがおすすめです。

お手頃価格の投げ専リール2品はこちら。

(送料無料4)シマノ アクティブサーフ 細糸仕様

 

上級モデルの2品はこちら。

ダイワ リール 17 ウインドサーフ 35 細糸
シマノ ’14スーパーエアロ スピンジョイ 30 標準仕様

 

⑶キス釣りの小物類について

■道糸はPEライン、力糸も必要

遠投するなら断然PEラインがおすすめです。

ナイロンラインと比べると強度が高いので、空気抵抗のより少ない細いラインが使えます。 またナイロンのように伸びもないので、キス独特の爽快なアタリもより捕らえやすくなります。

0.8号〜1.2号を200メートル巻き、その上に3号-12号のテーパーラインの力糸を15メートル巻けば充分でしょう。

道糸は20メートルか25メートル毎に色が変わるタイプを選びましょう。

アタリがあった距離を道糸の色で覚えておいて、集中的に攻めると数釣りが出来ます。

 

おすすめ道糸はこちら。

DUEL ハードコアX4 投 200m 4本組PEライン

 

■天秤はL字型と直線型を使い分けよう

キスの投げ釣りで使うオモリ(天秤)は主にふたつのタイプに分けられます。

L字型天秤と直線型天秤です。

L字型天秤はアームが文字通りL字型になっています。

投げる時に仕掛けが絡みにくいこと、遊動と固定の2タイプの使い方ができることが特徴です。

固定仕掛けはアームの上側のリングには力糸、下側のリングには直接仕掛けをつけるやり方です。

遊動仕掛けは力糸と仕掛けを上側と下側のアームのリングに通してスナップサルカンで直結するやり方です。

アームが支点にならないので、魚のアタリがダイレクトに伝わります。

直線型は2本のアームが繋がっていて、上側のアームにオモリが中通しで付いています。

上のリングに力糸、下のリングに仕掛けを直接付けます。

オモリが中通しなので、アームの長さ分だけは遊動になる半遊動タイプです。

L字型天秤のおすすめはこちら。

購入時はアームが畳まれているので、使う時に手で広げます。

富士工業 KAISO天秤 27号

 

L字型の超遠投タイプはこちら。

かなり高価ですが、抜群の飛距離。

ダイワ トップガン S1.0 27号

 

直線型天秤の代表、ジェット天秤はこちら。

富士工業 ジェット天秤 2本入 25号

 

■仕掛けは3本針仕掛けがおすすめ

ベテランのキス釣り師は5本〜8本の仕掛けを自作していますが、慣れるまでは市販の3本針仕掛けがおすすめです。

針の号数は基本は8号前後ですが、アタリがあるのに針に掛からないような時は、6号くらいの小針が良いでしょう。

おすすめのキス釣り仕掛け3品はこちら。

ハヤブサ 光撃投げキス スパークオーロラ 3本鈎2セット 7号
G 投キス仕掛 早掛SP 3本鈎 N159
【SASAME/ササメ】ビクトルキス3本鈎(遠投モデル) K-158 ビクトルキス

 

キス釣りにあると便利な小物類

他にもキス釣りの際にあれば便利な小物類をいくつか紹介します。

釣った魚を素手で触らなくても済むので便利なフィッシュホールドはこちら。

タカ産業 フィッシュホールド L T-105 FISH HOLD (魚つかみ キャッチャー プライヤー)

釣った魚を素早く保存、飲み物やお弁当の保存にも便利なクーラーボックスはこちら。

シマノ ホリデークール 200 LZ-320Q ホワイトブルー

投げ釣りマンの為の専用クーラーボックスはこちら。

フィッシングクーラー シマノ UF-N12N

ポイントやエサの選び方について解説!

⑴ポイント選び

■キス釣りの条件は砂底であること

キスが生息する絶対条件として砂底であることがあげられます。

泥底や砂利底にも居ることは居ると思いますが、絶対数は少ないので数多く釣ることは難しいでしょう。

岩礁地帯なども、砂地に所々岩場があるような所は大型のキスが釣れる可能性は高いですが、数は望めません。

最近は新しいポイント開拓の方法として、グーグルアースの航空写真などで、良さそうな場所を探して行ってみたりするのも良いと思います。

自分だけの穴場が発見できるかも。

 

■砂浜(サーフ)のポイント選び

砂浜のポイント選びとしては、まずは海を見て海面の変化を探します。

潮目(海面が帯状に色が変わって見える所)や、泡などが貯まっている所は潮の流れの変化があるということなので有望です。

また少し高い場所から海全体を見渡して、海の色が少し濃くなっている所があります。
そういった所は藻場や岩礁地帯などのシモリがあるか、水深が急に深くなっているカケ上がりの可能性があります。

シモリならその周辺の砂地を、カケ上がりなら少し沖から誘いながら食わせます。

意外と見落としがちなのが波打ち際、早朝などは岸から10m〜20mくらいの場所に群れていることもあるので、朝一は狙ってみましょう。

 

■堤防(波止)のポイント選び

防波堤の場合も砂浜と同様に海面の変化を見ましょう。

潮目などの潮の変化のある場所や、カケ上がりやシモリらしい場所があれば狙う価値ありです。

それ以外では防波堤の先端部、途中で折れ曲がっている防波堤ならカーブ付近も好ポイントになります。

特に防波堤の先端部で船の往来が多い場所などは、船のスクリューで海底をかき混ぜられて、カケ上がりになっているので狙い目です。

⑵キス釣りには引き釣りと置き竿釣法がある

■引き釣り(サビキ釣り)

キスの数釣りはこの釣り方が基本です。

一般的には引き釣りと言われていますが、サビキ釣りという地方もあるようです。

疑似餌で小アジやイワシを釣るサビキと混同するので、ここでは引き釣りと言います。

基本的には仕掛けを遠投し、一定の速度でリールを巻きながら、エサが海底をゆっくりと這うように見せかけて魚に食わせます。

リールを巻く速度は、5秒〜6秒でリールのハンドルを1回転くらいが良いでしょう。

途中でアタリがあってもそのまま巻き続けます。

但し、アタリがあるのに素バリが多い時は巻くのを数秒止めてみるほうが良い時もあります。

引き釣りは海藻が多くあったり、砂地の間に岩礁帯があるような釣り場では根掛かりが多くなり、仕掛けのロスが多発します。

海底の状況を確認して、根掛かりが避けれそうになかったら、置き竿釣法に切り替えるか場所移動をしましょう。

 

■置き竿釣法

置き竿釣法は投げ釣りでのオーソドックスな釣り方です。

2本〜4本(勿論1本でも可能です)の竿を投入し、回遊してくるキスのアタリを待つ釣り方です。

夜釣りや根掛かりの多い場所などではこの釣り方が良いでしょう。

始めは遠中近と投入する距離を投げ分けて、アタリの多いポイントを探し、アタリがあればそこを集中的に攻めるのが良いでしょう。

また複数の種類のエサを用意して、その日の食いの良いエサを探すのも効率的です。

 

■キスは足で釣れ

キスは臆病な魚です。

同じ所に仕掛けを投入していると、オモリの着水音で別の場所に移動することがあります。

また、群れで移動しながらエサを食べるので、いつのまにかいなくなっていることもあります。

今までアタリがあったのに、パタッとアタリが途絶えた時は思いきって場所を移動してみましょう。

「キスは足で釣れ」とは昔からよく言われていますが、そういうことです。

⑶エサ使いについて

■虫エサのつけ方

キスの投げ釣りには虫エサを使います。

一般的なのはイシゴカイ(ジャリメ)とアオイソメです。

針への付け方としては、引き釣りの場合は針からエサを垂らさず、針いっぱいまで通し刺しにして、余った分はカットして次の針に付けます。

そうすると、イシゴカイ1匹で2本〜3本の針に使えます。

虫エサの頭の部分はそのまま付けても大丈夫ですが、食いが渋い時などは頭が無いほうが食い込みが良い時もあります。

置き竿の場合は針からエサを2センチ程度垂らして回遊してくるキスが見つけやすくしたほうが良いでしょう。

他にもチロリやマムシ(イワイソメ)の細めのものなどもキスの好物です。

特に夜釣りの場合はこれらのエサのほうが効果を発揮します。

釣ったキスを美味しく食べよう

■お刺身

キスを3枚に下ろして、腹骨をすきます。

背びれの付け根あたりから皮をつまんで、尻尾にむけて引っ張るとペリペリーっと皮が剥けます。

あとは食べやすい大きさに切って、わさび醤油でいただきます。

 

■天ぷら

鱗を落としたキスの頭を落とします。

背開きにして、内臓部分をきれいに水洗いしたあと、背骨と腹骨をすきます。

冷水で溶いた天ぷら粉をつけて、中温の油でカラッとあげれば出来上がり。

塩でいただくと絶品です。

 

■塩焼き

鱗を落とし、内臓を取り出したらお腹の中をしっかり水洗いします。

全体に粗塩をふりかけ、しばらく寝かせたあとグリルで焼いて完成。

しっかり塩を効かせれば、お醤油いらずです。

ご飯がすすみます。

まとめ

キスは砂浜の女王とも言われるほど美しい魚ですが、決して難しい魚ではありません。

ちょっとした投げ釣りタックルと知識さえあれば意外に簡単に釣れます。

あなたも夏の太陽の下で、キスの爽快なアタリを体感して、砂浜の女王の虜になってみてください。

それでは、Enjoy your fishig life!

おすすめの記事